【POG】キングマン産駒で母マンビアの2016となるダノンジャスティスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

ダノックス×中内田師と気になる馬がデビューします。
父がキングマンで母がマンビアの2016となる
ダノンジャスティスを紹介したいと思います。

馬名:ダノンジャスティス(2歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:中内田師
落札額:8,800万円
父:キングマン
母:マンビア
母父:アルデバランⅡ
デビュー予定日:2018年8月19日(日) 新潟 芝1400m
鞍上予定:石橋(脩)ジョッキー

母のマンビアはカルヴァドス賞(G3)を制した4勝馬。
持ち込み馬として期待された繁殖牝馬ですが
父がキングマンという事で今年が初年度産駒になるのかな。
欧州でジャックルマロワ賞とサセックスS等、
G1を4勝し欧州年度代表馬となった産駒になります
非常に期待がかかります。

そういえば、国内では既にキングマン産駒となる、

馬名:〇外ヨークテソーロ(2歳・牝馬)
馬主:了徳寺ホールディングス
管理:高木師
父:キングマン
母:Masaya
母父:ダンシリ

が、7月にデビューし福島の芝1200mを
早くも勝ち上がりと結果を出してますが、
同産駒のダノックスが8,800万円で落札された
ダノンジャスティスならより期待度が増しますね。
そして、ダノックス×中内田師は朝日杯FS(G1)を制した
ダノンプレミアムのコンビで気になります。

ただ、キングマンは初年度産駒でマンビアも初仔と
未知の血統となりPOG的にはちょっと賭けって感じですが、
ひょっとしたら化け物の可能性も!?
また、ジョッキーが石橋(脩)Jの予定ですが
どんな走りをするか、どんな結果を出してくるか気になります。

あ、因みにマンビアの2017はシルクレーシング所有馬で、
父がハーツクライの牝馬ですがこちらの方が個人的には楽しみではあるが
キングマン産駒として今週末のデビューも待ち遠しい1頭です!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする