【札幌記念2018】マカヒキ、ネオリアリズム、モズカッチャン、サングレーザーで決まるか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はG2の札幌記念ですがそれなりにメンバーが揃った一戦。
日本ダービー馬のマカヒキから海外G1を制したネオリアリズム、
そして3歳でエリザベス女王杯を制したモズカッチャン、
マイル路線から粋の良い4歳馬のサングレーザー等が出走してきます。

そんな中で、有力馬となりそうな4頭をざっくりですが
現時点で検証してみようと思いました。

先ずは、

馬名:マカヒキ(5歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母:フレンチデピュティ
G1勝利:日本ダービー(2016年)
鞍上:ルメールジョッキー

からですが、皐月賞2着、日本ダービーを勝利した同馬が
今や6戦勝ち星なしという状況が続いてます。
ただ、大阪杯ではキタサンブラックに0.4秒差の4着と、
天皇賞・秋は5着も勝ち馬キタサンブラックに
1.2秒差も離されたが馬場が不良で度外視できる。
個人的には1600~2000mがベストと未だにも持ってるだけに
このメンバーなら復活劇があってもおかしくないとも思う反面、
1番人気だから来たら仕方ないで外したいが…^^;

続くは、

馬名:ネオリアリズム(7歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:堀師
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:メドウラーク
G1勝利:クイーンエリザベス2世C(2017年)
鞍上:モレイラジョッキー

正直取り捨てが難しい…札幌で3戦3勝で何れもルメールJだったが、
モレイラJが騎乗なら問題ない。更にモーリスにも勝った同馬、
気にはなるのだがどうしても今年の堀師の重賞での不調さが気になる…
2、3着も数少ないし…ちょっと手を出すか躊躇気味の私です。

そして、

馬名:モズカッチャン(4歳・牝馬)
馬主:キャピタル・システム
管理:鮫島(一)師
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
G1勝利:エリザベス女王杯(2017年)
鞍上:デムーロジョッキー

秋競馬の初戦となりますが3歳馬ながらG1馬のミッキークイーンや
ヴィブロス、秋華賞馬で後のクイーンSを強い勝ち方をした
ディアドラ、クイーンズリングを破った馬ですから力はあります。
今年初戦だった京都記念も4着ながら上りは最速。
ただ、鞍上デムーロJは魅力も休み明けはちょっと狙い辛いが
3着内と考えればありといえばありと思えばいいかな?^^;

最後に、

馬名:サングレーザー(4歳・牡馬)
馬主:G1レーシング
管理:浅見師
父:ディープインパクト
母:マンティスハント
母父:デピュティミニスター
鞍上:福永ジョッキー

マイル以下でG2スワンS勝ちを含む4連勝から
重賞で好走し前走安田記念では3番人気に支持されるも
5着と勝ち馬とは0.2秒差ですが果たして距離が400m伸びる
2000mをこなせるかという点だけでしょうか。
この馬はマイル以下がベストな気がするんだが…
今現在は走ったらごめんなさいって感じでしょうか。

その他にもサクラアンプルールやミッキースワロー、
ゴーフォザサミット、スズカデヴィアスにクロコスミアと気になる
馬も出てきます。

秋競馬に向けどの陣営も今後が楽しみになる
結果を期待したいでしょうね。

本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする