グランデッツァが引退、種牡馬へ

どうも、あっぷるです。

重賞を3勝(札幌2歳ステークス、スプリングステークス、七夕賞)した
グランデッツァが引退する事が決まった様ですね。
調教後に屈腱炎を発症した噂も出てますので残念ですよね。。。><

馬主:社台レースホース
管理:平田師
父:アグネスタキオン
母:マルバイユ
母父:マルジュ
近親:マルセリーナ

同馬だと、重賞勝ちより都大路ステークスの1分43秒9のレコードを出した時の
圧勝劇がインパクト抜群でした。

それと、ダービーでの怪我がなければ…ひょっとしたらG1に手が届きそうな馬と思ってましたので
長期休養は痛かったですよね。

今後は種牡馬になるとの事で、
アグネスタキオンの血を子に引き継いで結果を残して欲しいですね。

お疲れ様でした。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする