【POG】ハーツクライ産駒で母レインボーダリアの2016となるキートスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

思い入れがある母レインボーダリアの2番仔がデビューとなります。
ハーツクライ産駒で母レインボーダリアの2016となるキートスを紹介したいと思います。

馬名:キートス(2歳・牝馬)
馬主:G1レーシング
管理:菊沢師
父:ハーツクライ
母:レインボーダリア
母父:ブライアンズタイム
デビュー予定:2018年 10月27日(土) 東京芝1600m(牝馬限定)
鞍上予定:柴田(善)ジョッキー

母のレインボーダリアは通算34戦6勝で2012年のエリザベス女王杯(G1)を制しました。
当時、1600万下を勝った後はOPと重賞を未勝利のままG1エリザベス女王杯に挑戦し、
7番人気ながら2着で1番人気だったヴィルシーナをクビ差押さえ見事勝利は驚きましたね。
その後全く良いところがなく2013年のエリザベス女王杯を13着に敗け引退、繁殖へと上がりました。思い入れというのはこの時レインボーダリアを◎本命にして良い事が…^^;

それから昨年初仔がデビューしました。

2013:コスモダリア(父ディープインパクト/牝馬)
初仔となりますがディープインパクト産駒ながら現在6戦0勝で芝・ダートで結果が出せず。
良血だと思うのですが勝ち馬から1.6~3.5秒も引き離されての負けとここまで走らないのは意外。

そして2番仔はハーツクライ産駒となりキートスが今週末デビュー予定です。
レインボーダリアの主戦だった柴田(善)Jが騎乗というのは非常に嬉しいですね~
ただ母は馬体重が460キロ前後ありましたがキートスは420キロ前後と小柄。
今後は馬体の成長も欲しいところですし、同レースには…

馬名:レッドベルディエス(2歳・牝馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:鹿戸師
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
母父:アンブライドルズソング
鞍上予定:オドノヒュージョッキー

こちらも2番仔となりますが初仔のレッドベルローズは新馬勝ち後に
G3のフェアリーSで3着と好走してます。引き続きディープインパクトの子で
鞍上は短期免許で来日のオドノヒューJとなり侮れない1頭となりそうですね。

果たしてレインボーダリアの仔、キートスがどんな競馬をするか。
柴田(善)Jと共に好結果を出せるといいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする