【POG】ワークフォース産駒で母ムーンレディの2016となるフォースキャリアの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

日本ダービーと天皇賞・秋のG1を2勝したキングズベスト産駒の半兄エイシンフラッシュがいる血統ですね。その父キングズベストからワークフォースに替わった母ムーンレディの2016となるフォースキャリアを紹介したいと思います。

馬名:フォースキャリア(2歳・牡馬)
馬主:社台レースホース
管理:菊沢師
父:ワークフォース
母:ムーンレディ
母父:プラティニ
デビュー予定日:2018年11月18日(日) 京都 芝2000m
鞍上予定:横山(典)ジョッキー

早速ですが、母のムーンレディから活躍馬はというとG1・2勝のエイシンフラッシュ以外は…
という状況ですが、

2005:マザイ(父ファスリエフ/牝馬)
2006:マーモリー(父タイガーヒル/牝馬)
2007:エイシンフラッシュ(父キングズベスト/牡馬)
2008:カラータイマー(父アグネスタキオン/牡馬)
2009:ダノンムーン(父ディープインパクト/牡馬)
2010:アルテミスハート(父ハーツクライ/牝馬)
2011:オルドリン(父キングカメハメハ/牡馬)
2013:マツリダバッハ(ディープインパクト/牡馬)
2014:ムーンシュトラール(父キングズベスト/牡馬)

となっております。
エイシンフラッシュが日本ダービーと天皇賞・秋のG1を制し、京成杯、毎日王冠とジャスタウェイやフェノーメノ、ジェンティルドンナ、オルフェーヴル等、強敵相手に、G1・2勝などの結果を出してきたのは今でも覚えています。個人的に内田Jで日本ダービー制覇が一番うれしかったかな。

ただその後の仔達は…2009年産でディープインパクトを配合されダノックスが所有したダノンムーンが通算13戦4勝【4252】で堅実な走りを見せるも1600万下の身で登録抹消となってしまいました。そして個人的に気になった2014年産のムーンシュトラールは父がエイシンフラッシュと同じ、キングズベストでしたが結果的に中央でデビューし2戦共に大敗から地方へ移籍、そして再度中央へ移籍し2018年10月に復帰するも結果は9着という厳しい状況。
もうエイシンフラッシュ以降は活躍馬がいない現状ですがこのムーンレディの2016となるフォースキャリアは、社台さんの馬で現状鳴かず飛ばずと言っては失礼だがワークフォースを配合したというのが逆にそこに興味を持った私です。何故にワークフォース!?とある種気になって仕方ない…^^;

はい、デビュー戦は京都の芝2000mとの事で鞍上が外個人Jではなく横山(典)Jという点もどうかと思いますが、チャンスは少ないかもしれないが一発逆転的な何かが出てくると楽しいのだが…当日のレースでは骨っぽいのも出てきそうですが、1つでも上の順位を狙って、好結果が出る事を期待したい私です!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする