【有馬記念2018】レイデオロ、シュヴァルグラン、ブラストワンピース、キセキで決まり!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はG1有馬記念が中山競馬場で開催開催されますね。
忘れもしない昨年は度外視してたクイーンズリングが2着に入り高配当となりました。メンバー的に上位陣が強そうですが激走馬を見抜きたいところですね。
それでは私の気になる馬を数頭ピックアップしたいと思います。

先ずは毎度の事ながらざっくり私には興味のないデータを簡易的に。
菊花賞や天皇賞・春で好走してる馬は過去実績としては有利。穴馬は中山重賞で3着以内の実績が必要。やや内枠の方が有利で極端な外枠は微妙。中山コース実績は大きく、且つ前目で競馬ができる馬は有利ですね。そして6歳以上は厳しいという感じでしょうか。はい、という事で相変わらず私には微塵も響かないデータです^^;

それではデータは一切無視として現時点で私の気になる馬は、

馬名:レイデオロ(4歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:藤沢師
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
鞍上予定:ルメールジョッキー

昨年の日本ダービー馬が今年2戦、3着、4着と上半期で不安を残しましたが
秋競馬に入り産経賞オールカマーで見事強い競馬をし勝利しました。続く前走の天皇賞・秋(G1)は圧巻の強さでキセキ、アルアイン、ミッキーロケット等を差し切りサングレーザーを抑え込んでのG1・2勝目となりました。今度は中山に舞台が変わりますが【2001】で中山の重賞を2勝で着外1回は、ぶっつけで挑んだ皐月賞という事で度外視もできそう。また、余力がどこまで!?と思ってしまうキセキが前に居る展開は好走の確率が上がりそう。という事で、現時点では予想の候補として考えてる1頭です^^;

続いては、

馬名:モズカッチャン(4歳・牝馬)
馬主:キャピタルシステム
管理:鮫島(一)師
父:ハービンジャー
母:サトノディーラー
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:Mデムーロジョッキー

牝馬で勝利は2014年のジェンティルドンナ以来となりますが昨年は9番人気の牝馬、クイーンズリングが激走でルメールJを背に高配当の立役者となりました。
こちらはエリザベス女王杯を制し今年は牡馬混合戦に積極に参戦しても【4633】と安定感があり中山も3歳500万下で前目の競馬から勝利と1勝のみだが実績もあります。秋華賞でディアドラ、エリザベス女王杯ではリスグラシューと差のない競馬をした同馬だけにそこまで差はないはず。鞍上MデムーロJも調子が上がってきただけにここは気になります。という事で、現時点では予想の候補に入れる可能性が高い1頭です^^;

そして、中穴馬っぽく?なりそうなのは、

現時点での推奨馬は「人気ブログランキング」へ
応援クリックをお願いします^^

かな?と現時点では思いますが期待してるのですがどうでしょうか^^;

最後に他で気になるのは…

馬名:ブラストワンピース(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:大竹師
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:池添ジョッキー

デビュー3連勝で毎日杯を制し重賞初制覇。続く日本ダービーでは2番人気に支持されるも5着。続く古馬相手の新潟記念で2着以下を0.3秒離し余裕の勝利から菊花賞は1番人気に支持され4着と距離の壁の様にも思いましたがG1ではもう一押しが利けば…という状況の中、斤量の恩恵を受ける3歳馬ながら有馬記念に参戦してきました。中山コースが初という事と確か大跳びだったがコース的にはどうだろうか?とはいえ今年の3歳は強いし毎日杯のタイムは素晴らしいと思う。
そしてG1で強心臓の池添J!!が…今年はG1で全くでしてそろそろ出番!?
とそんなに甘くはないが思ってしまうが現時点では予想の候補に残したいと思います^^;

これでざっくり4頭ピックアップしましたが、話題性豊富で未知の魅力オジュウチョウサンもいますし、ボウマンJがようやく騎乗するシュバルグランや、ラストランとなるサトノダイヤモンド、ジャパンカップでアーモンドアイを相手に夢を魅せたキセキ等々も参戦で人気は割れそうですね。

平成最後の中央古馬G1。どんなドラマが待ってるか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする