【POG】トーセンラー産駒で母シアトルサンセットの2016となるトーセンスカイの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的に気になってた馬がデビュー間近でしょうか。父はG1マイルチャンピオンシップを勝利したトーセンラー産駒となり、母はシアトルサンセットの2016となるトーセンスカイを紹介したいと思います。

馬名:トーセンスカイ(2歳・牡馬)
馬主:島川隆哉氏
管理:藤原師
落札額:5000万円
父:トーセンラー
母:シアトルサンセット
母父:ビロングトゥミー
出走予定日:未定
鞍上予定:未定

先ずは、父トーセンラーと言えば京都巧者というイメージが強い。通算25戦4勝で新馬戦、きさらぎ賞、京都記念、マイルチャンピオンシップと4勝全てが京都コースで京都では12戦走ってますが全て掲示板という安定感。また菊花賞では3着と距離の融通も利きそうで良い傾向。ただ、馬場悪化が苦手だったのでそこはマイナス材料になりそうですね。父ディープインパクトで血統的には多く厳しそうだが種付け料が安価というところでうまく子が活躍できればいいですね。

そんな中、母のシアトルサンセットと配合されましたがその母シアトルサンセットは、アメリカ産で不出走馬?ですがその母からは、

2004年:フサイチレオン(父ゴーンウエスト/牡馬)
2005年:シリコンフォレスト(クロフネ/セン馬)
2006年:サンセットロード(キングカメハメハ/牝馬)
2007年:シアトルムーン(アグネスタキオン/牝馬)
2009年:ロンキングトゥユー(父ダイワメジャー/牝馬)
2011年:ステイインシアトル(父ステイゴールド/牡馬)
2012年:エリオットペイ(ネオユニヴァース/牡馬)
2013年:タンギモウジア(父ハーツクライ/牝馬)
2014年:ナンネッタ(父キンシャサノキセキ/牝馬)

と、仔がデビューしております。見ての通り様々な種牡馬を配合してるものの活躍馬と言えば、ステイゴールドと配合されたステイインシアトルくらいでしょうか。7歳馬ながら通算12戦5勝と数は使われてないが昨年には鳴尾記念で初勝利、
そして今年は新潟大賞典で2着とこれから!という時に怪我をしてしまいましたが今後は楽しみな1頭ではあります。その他…やや厳しい結果が続ていますが、
今回配合されたトーセンラーがどんな結果を出してくれるのかは個人的に楽しみ!因みに2017は父がスピルバーグとなっております。

まだこれと言ってトーセンラー産駒の活躍は出てませんが、
どんな結果を出してくるか興味津々のトーセンスカイ。

デビューは来年くらいになりそうですがどんな走りをしてくれるか楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする