【POG】カンパニー産駒で母ハニーダンサーの2019となるコウエイヨカオゴの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨年に九州産馬としては大活躍したヨカヨカの半妹ですね。父がカンパニーで母ハニーダンサーの2019となるコウエイヨカオゴをご紹介したいと思います。

コウエイヨカオゴのプロフィール

馬名:コウエイヨカオゴ(2歳・牝馬)
馬主:伊東政清氏
管理:新谷師
落札額:500万円(九州1歳市場 2020年)
父:カンパニー
母:ハニーダンサー
母父:デインヒルダンサー
デビュー予定日:2021年7日3日(土) 小倉 芝1200m(九州産限定)
鞍上予定:松山ジョッキー

ラストクロップかな…

父はカンパニーとなり、8歳でG1の天皇賞・秋、そしてマイルCSを連勝から2009年に引退し種牡馬入り。種牡馬生活でウインテンダネスが目黒記念(G2)を勝つなど多くの子を輩出しましたが、残念ながら2019年に腎不全で亡くなってしまいました。そんな中で年々デビュー馬も減った中で2019世代は中央登録3頭かな?因みに2019世代はまだ未デビューですね。そして古馬のイェッツトが飛鳥Sで3着と好走も、残念ながら登録抹消から乗馬へとの事。直子で残された産駒の大きな活躍を応援したくなる私です。

半妹のヨカヨカが九州産馬として大活躍!

母はハニーダンサーでデインヒルダンサー産駒ですね。現役時は、中央でデビューから2着2回、3着2回と勝ちきれず、園田でもダートを3戦して0勝のまま通算12戦0勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが代表産駒と言えば、昨年九州産馬として競馬界を賑わせたヨカヨカ(父スクワートルスクワート/牝馬)でしょう。何せ、新馬勝ちからフェニックス賞とひまわり賞のOPを連勝しデビュー3連勝、そして阪神JF(G1)でソダシに0.4秒差の5着にフィリーズレビュー(G2)では2着と好走をし、桜花賞(G1)へ出走し17着とクラシックへ出走は素晴らしい事で今後の活躍が非常に期待されてます。ただその他が…ステイゴールド、クロフネ、ルーラーシップ、ディープブリランテ等など8頭コレと言った活躍ができなかっただけにヨカヨカの存在は元気になりますね。

今年は“コウエイ”の冠で、九州産馬が盛り上がる!?

そんな中、ラストクロップのカンパニーを配合された10番仔のコウエイヨカオゴが今週末デビューを迎えようとしています。馬主はヨカヨカを所有の岡浩二氏ではなく、コウエイの冠でお馴染み伊東政清氏ですね。そして預託先は開業2年目の新谷師との事でヨカヨカを超えるべく、ここでアピールした結果を出したいところですね。デビュー戦は九州産馬限定で7月3日(土)小倉芝1200m、鞍上ですが調教では松山Jが騎乗してましたが…先週の落馬でどうなるか?の中、どうやら今週末は騎乗の予定との事。ただ調教では目立たない感じですが…実践向きなのかな?と、関係者も周りの期待度が高くなってるだけにプレッシャーに負けず良い結果を出せる形でデビューを向かえて欲しいですね。ヨカヨカと共に九州産馬として、活躍を期待したいですし皆さんで応援してあげましょう~

タイトルとURLをコピーしました