【POG】ラブリーデイ産駒で母チュウオーサーヤの2019となるシゲルユキミザケの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

“あのチーム”でデビューを迎えそうですね。父はラブリーデイで母チュウオーサーヤの2019となるシゲルユキミザケをご紹介したいと思います。

シゲルユキミザケのプロフィール

馬名:シゲルユキミザケ(2歳・牡馬)
馬主:森中蕃氏
管理:渡辺(薫)師
父:ラブリーデイ
母:チュウオーサーヤ
母父:ディアブロ
デビュー予定日:2021年7日4日(日) 小倉 芝1800m
鞍上予定:和田ジョッキー

ジャカランダレーン以上を期待!

父はラブリーデイとなり、キングカメハメハ産駒ですね。また先週の2019世代では新馬戦でセイテキリュウビがデビューも16着、そして開幕週にタイガークリスエスが既にデビューしており11着と僅か2頭のデビューですが現状勝鞍を挙げる事ができてない状況。また昨年の2018世代では、早々に良い結果を出したジャカランダレーンがダリア賞ともみじSのOPで2度の3着があり頑張りました。そのラブリーデイ自体5歳から本格化で遅咲きだったのもあり、古馬になっての進化もありそうですが2世代目にクラシックを見据えるべく良い結果が出る事を願う私です。

グァンチャーレがG3勝ち

母はチュウオーサーヤでディアブロ産駒ですね。現役時は、芝でデビューし13着。その後ダートも使われ6戦目にして初勝利を挙げましたが、残念ながら主な活躍ができないまま通算7戦1勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活で代表産駒と言えば、2012のグァンチャーレ(父スクリーンヒーロー/牡馬)でしょう。確かセールにて200万円位で落札されたが蓋を開ければ、シンザン記念(G3)を勝ちとマイラーズC(G2)で2着にスワンS(G3)で3着、更に安田記念(G1)で4着と好走しました。が、その他デビューした9頭がカネヒキリやトゥザワールド、リーチザクラウン等などを配合も主な結果が出せてない状況…

馬主×調教師×鞍上=ピンクダイヤを…

そんな中、ラブリーデイを配合された11番仔のシゲルユキミザケが今週末デビューを迎えようとしています。馬主はシゲルの冠でお馴染み森中蕃氏で、預託先は渡辺(薫)師!?。ピンときた方もいると思いますが、そうあの桜花賞2着に秋華賞3着と牝馬クラシックで好走したしゲルピンクダイヤのコンビ。更にデビュー戦が日曜小倉の芝1800mで鞍上が和田J!?…そうですシゲルピンクダイヤを彷彿とさせるチームですね。のチームなら勝手ながら面白いのでは?と思ってしまう私だが、この母から牝馬のグァンチャーレのみ活躍だけに今回は牡馬と果たしてどう出るか?。何れにせよ現状では注目度は低い感じで、同日は評判馬のフィデルがスタンバイ。そんなに甘くはないだおるが、一発激走を魅せてくれるか楽しみな私です!

タイトルとURLをコピーしました