【POG】ハービンジャー産駒で母ジュモーの2019となるフォアランナーの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

新馬戦はまだ始まって約1ヶ月だが、既にクラシックを意識できそうな馬もチラホラ。今回は父がハービンジャーで母ジュモーの2019となるフォアランナーをご紹介したいと思います。

フォアランナーのプロフィール

馬名:フォアランナー(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:西村師
募集額:5,000万円
父:ハービンジャー
母:ジュモー
母父:タニノギムレット
デビュー予定日:2021年7日4日(日) 函館 芝1800m
鞍上予定:ルメールジョッキー

先週は勝ち星を挙げれず…

父はハービンジャーとなり先週の2019世代では2頭が出走し、札幌競馬でスズミナが7着にリトルウィナーが9着と勝ち星を挙げる事ができませんでした。産駒としては評判馬でクルミナルの仔アライバルが新馬戦で強い勝ち方を魅せましたし、来週になりますがディアデラノビアの仔がデビューを向かえそうです。2018はボーデンがスプリングS(G3)で3着止まりという感じでしたし、古馬のノームコアとディアドラが引退し、現役ではブラストワンピースやペルシアンナイトが重賞でやや善戦の状況。2019世代で新星が現れ巻き返してくるのを期待したいところです。

母から重賞勝ち馬が2頭

母はジュモーとなりタニノギムレット産駒ですね。現役時は芝でデビューも、4戦で2着1回があったものの結果が出ずダート路線へ転向。近親にはバトードールやオウケンビリーヴの名もあり功を奏したか5戦(全1700m)、【2120】と好走を続けるも1800mに距離が延びると好走ができず。結果的に全3勝が洋芝のダ1700mでこそ【3162】と巧者ぶりを魅せ、真価を発揮できた馬でした。通算23戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが代表産駒と言えば、全兄のプロフェットが京成杯(G3)を勝ち、半兄のクラージュゲリエ(父キングカメハメハ)が京都2歳S(G3)を制したりと、仔は共に芝で活躍。また牡馬の活躍ばかりですが2019も牡馬と見逃せないところか!?。

洋芝・函館&ルメールJは期待度UP

そんな中、ハービンジャーを配合された7番仔のフォアランナーが今週末デビューを迎えようとしています。預託先は西村師でデビュー戦は母が得意とした洋芝の函館。距離は芝1800mですが、師のコメントから『走ると思うよ』と言う通り思わず二度見をしてしまったが強力な鞍上ルメールJをデビュー戦にスタンバイと、正に期待度は高い感じ。ただ同日には調教で動きの良さをアピールする武(豊)J騎乗予定のアルナシームや、池添J騎乗予定のルージュブラゾンなどが出走予定。血統的にも裏付けがあり鞍上も頼もしい限りと、新馬戦でどんな結果を出すか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました