【POG】サクソンウォリアー産駒で母アイムユアーズⅡの2020となるアドマイヤイルの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

超高額馬の1億9,000万円馬で、あの海外G1・2勝の産駒。日本では貴重な産駒ですね。父はサクソンウォリアーで母アイムユアーズⅡの2020となるアドマイヤイルをご紹介したいと思います。

アドマイヤイルのプロフィール

馬名:アドマイヤイル(2歳・牡馬)
馬主:近藤旬子氏
管理:友道師
落札額:1億9,000万円(セレクトセール2021)
生産:ノーザンファーム
父:サクソンウォリアー
母:アイムユアーズⅡ
母父:インヴィシブルスピリット
デビュー予定日:2023年1月8日(日) 中京 芝2000m
鞍上予定:川田ジョッキー

海外G1・2勝のディープインパクトの血は…

父は初年度産駒となるサクソンウォリアーとなり、先週末とホープフルデイを合わせた新馬戦には出走馬は1頭もありませんでした。また、国内で2020産は現12頭が登録されておりデビュー済みは5頭。着順は4着が3頭に8、15着と勝鞍はなし。ただ海外ではBCジュベナイルターフ(G1)をヴィクトリアロードが勝利する初年度から活躍しているのに対して、国内は現時点で厳しい状況。個人的に毎度お伝えしているが、父はあのディープインパクトになるが、母父にガリレオの名があるだけに日本では…とも思うが、繁殖牝馬の質に寄り活躍馬も!?。まだ未デビューの馬もいますし、長い目でみたいと思っている私です。

母はアイムユアーズ“Ⅱ”の方

母はアイムユアーズⅡで英国産のインヴィシブルスピリット産駒。紛らわしいですが、Gレビュー(G2)やファンタジーS(G3)等など重賞4勝のやアイムユアーズとは違いますので悪しからず。そのアイムユアーズⅡの現役時ですが、主な活躍はVictor McCalmont Memorial Sのリステッド勝ちまでという感じで通算5戦2勝で引退し繁殖入り。その繁殖生活では、2019のベルマレット(父リブチェスター/牝馬)が矢作師管理で期待も…芝4戦で勝ち星を挙げれないまま通算4戦0勝で登録抹消で繁殖入りな状況。因みに2021(父モーリス)は???という感じですが、2022産はフィエールマンを配合した牝馬が誕生していますね。

日本で産駒初勝利に向け、準備万端!?

そんな中、新種牡馬のサクソンウォリアーを配合されたアドマイヤイルが来年デビューを予定としています。馬主は、“アドマイヤ”の冠である近藤旬子氏がセールにて1億9,000万円で落札され預託先は友道師。また、デビュー戦は1月8日(日)に中京で、鞍上は2022年で初のリーディングジョッキー(G1・3勝)に輝いた川田ジョッキーを確保。ただ、当初ゲートは9月中旬に合格し順調に乗り込まれ2022年の12月18日に当初デビュー予定も…太め感が残っているとの事でスライドされてここへ。その後も調教を重ね動きはUPしてる様ですが、海外G1・2勝の父の血に友道師×川田ジョッキーとなれば期待したくなりますね。また、“アドマイヤ”の冠から活躍馬が!?+日本で産駒初勝利となるか!?。非常に興味をそそられてる私です。

タイトルとURLをコピーしました