【POG】モーリス産駒で母ポップコーンジャズの2020となるトレチーメの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨日より、来年デビュー予定(5・7・8・9日)の3歳馬になるPOG情報をランダムにてお伝えしております。今回はG1・2勝で半兄にラブリーデイ等がいる血統ですね。父はモーリスとなり母ポップコーンジャズの2020となるトレチーメをご紹介したいと思います。

トレチーメのプロフィール

馬名:トレチーメ(3歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:中内田師
生産:坂東牧場
父:モーリス
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
デビュー予定日:2023年1月5日(木) 中京 芝2000m
鞍上予定:イーガンジョッキー

先週は産駒5勝の固め打ち

父はモーリスとなり、有馬週とホープフルステークスdayを合わせた新馬戦には5頭出走。評判のペリファーニアが1着にフォレスタドーロが3着、そして3頭同レースでデビューとなったオーケードラゴンが5着にピピオラが6着、そしてトップモーリスが15着。また未勝利戦には7頭出走し、ゴルデールスカーとパンデアスカルとフラミニアの3頭が全て1着。モーメントキャッチが3着にシャマンドロワとポルトドールとマテンロウナイト3頭が8着で、デューデットが9着。そして万両賞(1勝クラス)でテラステラが出走し見事1着に、2歳1勝クラスではジャスパーバローズが出走し4着。最終週に産駒として計5勝も挙げる事ができました。その最終週でエフフォーリアを兄に持つペリファーニアが初戦を勝ち、血統的にもやや晩成型と思ってただけにクラシック制覇へ向け今後が楽しみな逸材が楽しみな私です。

母はラブリーデイにボッケリーニ等の活躍馬を輩出

母はポップコーンジャズでダンスインザダーク産駒。現役時はデビュー2戦目で当時折り返しの新馬戦で勝ち上がった後、スイートピーS(OP)で2着からオークスへ。そのオークスでは勝ち馬スティルインラヴに0.5秒差の6着と力を魅せ、続く紫苑S(OP)で5着から主な活躍ができないまま通算5戦1勝で引退となり繁殖入り。その繁殖生活では、この世代で12頭目がデビューとなりますが、中でも2010のラブリーデイ(父キングカメハメハ/牡馬)と2016のボッケリーニ(父キングカメハメハ/牡馬)が活躍しております。前者は天皇賞・秋と宝塚記念のG1・2勝に京都記念と阪神大賞典のG2を、そして鳴尾記念と中山金杯のG3を勝っており種牡馬入り。また後者のボッケリーニは先週の有馬記念にも出走しましたが、目黒記念(G2)と中日新聞杯(G3)を勝っており、何れもキングカメハメハを父に持つだけに2020産は新たな種牡馬を配合されておりますが、2021もと連続配合だけに肌が合ってるのかもしれません。

夏デビューと思いきや、年明けデビューも期待

そんな中、モーリスを配合されたトレチーメが年明け3歳の金杯デーにデビューを予定としております。馬主はリアルダビスタこと金子真人ホールディングスで、預託先は中内田師との事で、重賞勝ちには届かなかったものの牡馬クラシック2、3、3着と惜しい競馬だったヴェロックス以上の活躍を期待したいところ。デビュー戦は年明け金杯デーの5日(木)で中京芝2000mを鞍上イーガンジョッキーを予定となってる様ですがどうでしょうか?。しかしようやく…と言った感じも当初今年7月中旬にはゲート試験を合格し、調教の動きもかなり良かっただけに早々にデビューか!?と思ってた矢先、理由はわからずも一度放牧されてようやくこの時期にデビューという感じ。モーリス産駒だけに晩成傾向もあってかもしれませんが、無事にデビューできそうなのは嬉しい事。はてさて、初戦でどんな走りを魅せてくれるか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました