【POG】キングカメハメハ産駒で母ポロンナルワの2017となるアヌラーダプラの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

諸事情によりPOG馬をブログにて紹介したいと思います。今回は、個人的にようやく…と、気になる種牡馬を配合されたと思った1頭ですが、父はキングカメハメハとなり母はポロンナルワの2017となるアヌラーダプラを紹介したいと思います。

馬名:アヌラーダプラ(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理予定:萩原師
父:キングカメハメハ
母:ポロンナルワ
母父:ラーイ

この母ポロンナルワの母はシンハリーズで6戦5勝2着1回でオークスを制したシンハライトや、アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯)、リラヴァティ(マーメイドS)の重賞勝ち馬を排出した血統となります。その母ポロンナルワの5番仔となるアヌラーダプラですが、萩原師への預託となり父はキングカメハメハを配合されました。そういえば先日キングカメハメハの体調が思わしくないとの事で、種付を制限してるというニュースもあっただけに、キングカメハメハ産駒となれば母系の血統的にも走って欲しいところではあります。

母のポロンナルワからはガルヴィハーラがゴールドアリュールを配合されデビュー2連勝から全日本2歳優駿(G1)で1番人気に支持されるも勝ち馬から0.3秒差の3着と敗けはしましたが、骨折が判明と本調子ではなかったかもしれないだけに復活後のダートでなら先々が楽しみな1頭です。

血統的に気になる点はキングカメハメハ産駒の牝馬でG1馬となって走ったのは…3冠馬となったアパパネと桜花賞馬となって現役のレッツゴードンキくらい?やはり牡馬の方が活躍馬が多いだけにそこは気になるが血統的に非常に期待したいですね。

デビューに向けて向けて順調にいってほしいですね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする