2020年 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 G2レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったラストドラフトが3着にきてしまいましたね^^;
ただ、配当が…そんな私の予想は、

◎ ⑤スティッフェリオ 8着(3番人気)
単騎逃げが濃厚で3走前の同舞台となったオールカマーではミッキースワローを破った。その後は天皇賞・秋に有馬記念とG1では12、13着の完敗は仕方ないか。ただ、過去単騎逃げなら2、2、1、1、1着と文句なしのパーフェクト連対だけに好走を期待する。

○ ①ウラヌスチャーム 7着(7番人気)
4走前にテン乗りミナリクJがほぼ最後方から最速の上がりで2着以降は、展開や位置取りが後方過ぎ等で3戦連続結果が出ず。今回は先の述べた後方から2着に持ってきたミナリクJに乗り替わり、そして大得意の中山コース【1300】はプラス材料。勝ちきるまではともかく紅一点というのもあり、激走を期待してみる。

▲ ⑩ステイフーリッシュ 2着(5番人気)
まさかのルメールJに乗り替わっても予想の時点で6番人気ならば穴党としては狙いたくもなる。スローの瞬発力勝負の前走は不発に終わったが、距離【1100】に中山【0110】に条件は好転。更にこの時期も中山金杯、京都記念で2着の実績なら鞍上強化で好走をあ期待する。

△ ⑪ブラストワンピース 1着(1番人気)
凱旋門賞からの遠征帰りに今年初の初戦は太め?も気になるところだが、引き続き川田Jとのコンビは魅力。札幌記念でサングレーザー、フィエールマン、ワグネリアン、ペルシアンナイトを撃破し自力は上。あの錚々たるメンバーだった有馬記念を3歳で制した底力に巻き返しを期待する。

× ③ミッキースワロー 4着(2番人気)
中山の2200mではトリッキーなコースでも1、1、2、2着と好条件となるのもプラス。そしてこの馬と言えばセントライト記念でG1馬のアルアインをあっさり交わした豪脚を思い出してしまう。鞍上が未知の騎乗となる横山(典)Jだが斤量56キロとなり好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線最後の叩き合いでグイと一伸びした1番人気のブラストワンピース、
2着は最内から早め先頭でお仕切りを図った5番人気のステイフーリッシュ、
3着はロスの大きい大外から直線脚を伸ばした4番人気のラストドラフトでした。

我が本命の◎スティッフェリオですが結果8着となりました。単騎逃げが好結果の条件と思ってましたがスタートは、好スタートからスッと前へ。1角で単騎逃げが決まり、絶好のポジションを取りました。道中は縦長になりましたが、マイペースで折り合いもつき良い感じでした。勝負どころでもうまく上がり直線へ向かう際にステイフーリッシュは内へ、そして同馬は内を取らずに馬場の真ん中を選びましたが明暗を分けたコース取りだったかもしれませんね。最後は粘りきれずジエンド。更に結果的に3番人気は人気し過ぎでまさかの予想に1~3番人気に情けない。。。

馬券的には、うーん、まさかの東海ステークスに続きまたまた堅い結果ですか。5番人気のステイフーリッシュはやはり前に付ける形が理想で、且つルメールJは結果的に2着も騎乗した馬のビクトリーラインが見えてますよね。さすがの騎乗です。そしてブラストワンピースは凱旋門賞帰りでしたが、しっかり勝ちきれて結果を出せましたね。穴馬と思っていたウラヌスチャームが道中あの位置はいかんですよねwww。まぁ、3連単が1→5→4番人気でも10,540円…今日の重賞は共に本命党のレースでしたね。こういう時は…はい、次!!って感じです^^

来週ですが根岸Sにはコパノキッキングが参戦予定も鞍上は藤田(菜)JではなくマーフィーJで、そしてシルクロードステークスが開催されます。共に芝・ダのスプリント戦ですが2週連続的中を狙って予想、頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました