2020年 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果G3レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

3連単40万馬券と荒れはするも2、3着を全く想定してなかったという情けない予想でした…^^;。
そんな私の予想は、

◎ ⑭ドーヴァー 6着(11番人気)
3走前に東京コースの不良馬場で最速の上がりからリステッドを快勝し負かした相手はG1で2着の実績馬。また、今回は中山コースだが【4103】と数字の通り6走前のニューイヤーS(L)を良馬場の上がり最速で2着に3馬身差の圧勝。全重賞4戦で結果を出せてないが昨年同レースで1番人気に支持された事と、前走から斤量1キロ減に期待する。

◯ ④クルーガー 1着(4番人気)
前走の東京新聞杯(G3)がオーストラリア遠征帰りで検査を諸々受けての仕上げで5着は渋とく前目から5着に踏ん張った。調子は更に上向きで調教はOP馬相手に先着。得意の中山【1010】に8歳馬で衰えを感じない内容から好走も。鞍上はテン乗り石橋(脩)Jだが変わり身を期待して狙ってみる。

▲ ⑩ムーンクエイク 15着(14番人気)
重賞の京王杯SC(G2)を勝った以降、9着以下が6戦続いてるが今回は気になる56キロの斤量。共にリステッドながら着順はともかく2走前は良馬場57キロで0.4秒、前走が稍重59キロで0.6秒差。勝ち馬は共に重賞勝利馬だけに徐々に復調してきた今なら!?人気薄だろうが思い切って狙う。

△ ③ジャンダルム 10着(2番人気)
G1戦も含むデビューから4戦は文句なしに先々活躍すると思っていたが、皐月賞以降7戦振りに重賞で3着、そして2走前はリステッドで勝利と連続好走はなくとも徐々に復調か?今回は前走1番人気で10着、斤量が56キロ、近走の好走が内寄りの枠、中山【1122】等を考慮すると今回は好走の気がして狙う。

× ⑦プリモシーン 5着(1番人気)
前走が牡馬相手の混合戦で56キロを背負いながらサトノアーサー等骨っぽいのを相手に1/2差で勝利。マイルCS(G1)以来のレースをものともせず勝ち、叩かれた上積みもあり馬体重+8から更に絞れるはず。ハンデ戦にはなるが56キロでも中山【1201】で継続騎乗のデムーロJと共に好走を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線真ん中から鋭い脚で伸びた4番人気のクルーガー、
2着は馬場の真ん中の中団辺りからジリジリ脚を伸ばした13番人気のボンセルヴィーソ、
3着は2着馬の内から追い込んできた5番人気のレイエンダでした。

我が本命の◎ドーヴァーですが結果6着となりました。スタートは外枠で後方からの競馬だと思い腹を括ってましたが、すんなり出れましたね。1角までのポジション取りは中団と思いきやまさかの後方3番手で追走!?。4角手前で徐々にポジションを上げて後方外から直線へ…その直線では脚を伸ばしたものの6着という微妙な着順で終わってしまいました。

馬券的にはホント話にならない予想。クルーガーはともかくボンセルヴィーソにレイエンダ!?、どちらも全く予想の候補にも入れてなく、その時点で予想のハズレは確定してましたね…3連単が419,280円…うーん、悔しい。また、ストーミーシー、カツジ、マイスタイル等を切ってはいたが、予想前に想定していた人気順と大きな隔たりもありそもそも噛み合ってなかったですね。情けない予想でしたが、流れがくるまで予想のスタンスは変えずに頑張りたいと思います。

明日はダノンキングリーやラッキーライラック、ブラストワンピース等が出走するG1の大阪杯ですね。頭数が少なくこのレース同様の3連単10万馬券は厳しそう!?ですが、好配当になるよう願いながら、的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました