2020年 春風ステークス 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果OP以下レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

本命◎のシスルが2着にきて当たったと思いきや仕方ないで切ったロードラズライトが…無念^^;。
そんな私の予想は、

◎ ⑩シスル 2着(5番人気)
昇級初戦が初の5番手からで勝ち馬に1.1秒差の7着、そして前走が1400mで距離が長く2戦を度外視する。このメンバーでの脚質なら過去持ち味が生きている単騎逃げも濃厚なはず。自身の形で且つ【2021】の鞍上木幡(巧)Jに戻るのもプラスとみて粘走を期待する。

○ ④ケプラー 12着(8番人気)
昇級戦だった前走が鞍上川田Jを持ってしても全く歯が立たずで13着の撃沈となった。狙うには半信半疑だが全7戦中6戦が稍重~不良馬場という幸か不幸か極めて馬場悪化に縁のある同馬。今回は初のダ良馬場で走れ、且つ2走前に勝ち星を上げた田辺Jに乗り替わりで未知の馬場に一発を期待してみる。

▲ ③キタノオドリコ 7着(3番人気)
ダ1700mの3戦がカンフル剤になったか、その後近4走のダ1150~1200mに戻り結果が伴っている。前走は昇級初戦でいきなりの3着と好走しこのクラスで通用することを証明したレース。再度このクラスで鞍上は乗り慣れた石川(裕)Jに手が戻るだけに好走を期待する。

△ ⑦ルッジェーロ 1着(4番人気)
このクラスで長い期間足踏みをしているが近7戦が何れも勝ち馬との差は最大0.7秒。そんな中で近2走の上がりが共に3位を連発で特に前走の4着となったレースは好内容とみている。今年初戦となるがデキは良さげで後は展開さえ向けば…鞍上が復帰後微妙も期待してみる。

× ⑫イッツクール 5着(1番人気)
新馬戦で9着のダート以降芝で2勝を挙げるも再び2走前からダート替わりで6、2着。初の中山だった前走はラストの脚は上がり3位も勝ち馬とタイでハナ差決着と差は僅かだった。再度鞍上は柴田(善)Jで2度目の中山コースで慣れも見込めコース適性あが合ってそうで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線馬場の真ん中から脚を伸ばした4番人気のルッジェーロ、
2着は早め先頭からお仕切りを図った5番人気のシスル、
3着は後方外海から鋭い脚を伸ばした2番人気のロードラズライトでした。

我が本命の◎シスルですが結果5着となりました。スタートは絶対的に好走するだろう条件が単騎逃げと思っていましたが、そのスタートはポンと出て好スタートから先頭を取れる形になりましたが、外から一気に2頭に抜かれまさかの3番手…。道中は前に馬を置き内で前を追走。直線では前が開いたところをスッと脚を伸ばし早め先頭から押し切ると思ったが、ルッジェーロにかわされるも2着となりました。逃げなくても結果を出せた事は良い意味で誤算でしたが頑張りましたね。

馬券的には…ええ、2番人気のロードラズライトを来たら仕方ないと言って切ったら予想がハズレ。イッツクールがロードラズライトにあの位置からあっさり交わされるとは直線では思わなかったが、力の差を感じました。ルッジェーロは人気の本命2番手で自信がありましたし、◎のシスルもあわよくばでしたが、1番人気がヌケ…情けない予想となりました。

来週は桜花賞(G1)ですね。目移りするメンバーになりますが、牝馬クラシック第一弾の桜花賞を勝つのはどの馬か!?。非常に楽しみで、的中に向けて予想も頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました