【POG】ゴスホークケン産駒で母マルターズヒートの2018となるゴスホーククレストの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

兄と同様で“大逃げ”をかましてくるのか!?…と想像してしまいます。父はゴスホークケンで母マルターズヒートの2018となるゴスホーククレストをご紹介したいと思います。

ゴスホーククレストのプロフィール

馬名:ゴスホーククレスト(2歳・牡馬)
馬主:藤田在子氏
管理:堀井師
父:ゴスホークケン
母:マルターズヒート
母父:オールドトリエステ
デビュー予定:2020年8月29日(土) 新潟 芝1600m
鞍上予定:北村(宏)ジョッキー

貴重なゴスホークケン産駒!

父はゴスホークケンとなりデビュー3戦目で朝日杯FS(G1)を制したのを懐かしく思います。引退後は種牡馬となりましたが、代表産駒はマルターズアポジーで福島記念、小倉大賞典、関屋記念のG3を3勝しました。また、この2018世代での登録馬は10頭弱の産駒数の様で、中央での産駒デビューは同馬が初となります。少ない頭数で重賞勝利馬を出した種牡馬だけに、良い結果が出るのを願っています。

重賞3勝の全兄を輩出…

母はマルターズヒートで、米国産のオールドトリエステ産駒ですね。現役時は中央でデビューし、新馬勝ちをした後はファンタジーS(G3)で3着、そしてフェアリーS(G3)で重賞初制覇、更にフィリーズレビュー(G2)で2着と好走し、通算29戦4勝で引退し繁殖へと上がりました。どちらかというと2~3歳時の早い段階で活躍をした感じですね。そして繁殖生活ですが、代表産駒と言えばゴスホーククレストと同配合で全兄のマルターズアポジーですね。“大逃げ”という武器を味方に強い競馬もした印象を持つ馬でしたが、先に述べた様に逃げての重賞3勝した実績があります。

マルターズアポジーに“ウリ二つ”!?

そんな中、全弟のゴスホーククレストが今週末デビュー予定となっております。預託先はもちろん!?マルターズアポジーを管理した堀井師となり、マルターズアポジー以降重賞勝利がないだけにこの子で重賞勝利をもぎとってもらえるとドラマがあっていいですね!デビュー予定は土曜の新潟芝1600mで鞍上は、もちろん全兄の主戦だった武士沢J!と言いたいところですが…北村(宏)Jの様ですね。調教も順調そうですし、全兄とは一回り小さくした感じの様ですが“ウリ二つ”の様です。鞍上の言う事も聞く様ですし、後は結果がついてくれば尚良し!www。

結果はどうであれ、先ずは無事にデビューから無事に完走をして欲しいですね。骨っぽいメンバーが揃いレースだけに、好結果を期待したい私です。

タイトルとURLをコピーしました