【POG】ディープインパクト産駒で母ジョコンダⅡの2018となるシテフローラルの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

金子氏所有の超良血馬がデビューを迎えそうで非常に楽しみですね。父はディープインパクトで母ジョコンダⅡの2018となるシテフローラルをご紹介したいと思います。

シテフローラルのプロフィール

馬名:シテフローラル(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:堀師
募集額:2億6,000万円(セレクトセール2019)
父:ディープインパクト
母:ジョコンダⅡ
母父:ロッシーニ
デビュー予定日:2020年10月18日(日) 東京 芝1800m
鞍上予定:石橋(脩)ジョッキー

今週こそ!

父はディープインパクトなり、先週は先日もお伝えしたが新馬と未勝利戦共に勝鞍を挙げる事ができませんでした。今回は超良血に超高額馬、預託先、馬主と結果を出す可能性が高い条件の揃った産駒がデビュー予定。まだまだ現役馬にグランアレグリアやコントレイル、フィエールマン等のG1馬を輩出しているスーパー種牡馬だけにこの2018世代でも大物を期待したいところですね。

G1・2勝のサトノクラウンや、素質の片鱗フィリオアレグロを…

母はジョコンダⅡで、アイルランド産のロッシーニ産駒ですね。現役時はシルケングライダーS(L)の勝鞍はあるものの、重賞はキラヴランS(G3)の3着までで通算8戦2勝から引退し繁殖へと上がりました。繁殖生活ですが、国内で活躍の代表産駒と言えば2012のマルジュを配合されたサトノクラウンですよね。デビュー3連勝で弥生賞を制したものの、皐月賞6着に日本ダービー3着とクラシックは無冠に終わるも、翌年の香港ヴァーズ(G1)でモレイラJを背にっ初G1勝利が海外、そして更に翌年は宝塚記念(G1)で国内G1初制覇となり、通算20戦7勝で引退し、種牡馬入りとなりましたね。他にも2番仔のライトニングパール(父マルジュ)が海外のチヴァリーパークSのG1を勝っていますね。そして2017のディープインパクトを配合されたフィリオアレグロ(牡馬)が、新馬勝ち後に共同通信杯(G3)と青葉賞(G2)で3着と素質の片鱗を魅せたものの…未だ1勝馬の身ですが今後が楽しみですね。

預託先は堀師も、鞍上が…!?

そんな中、再度ディープインパクトを配合されたシテフローラルが今週末デビューを予定としています。預託先はG1・2勝のサトノクラウンやフィリオアレグロを管理の堀師となれば期待度はUP。またデビュー予定は当初アルマドラードとの対決予定も僚馬レインフロムヘヴン(新馬勝ち)を出走させた事で、今週東京の芝1800mにスライドで鞍上は石橋(脩)Jとなったのかな。鞍上がデムーロJやルメールJでは?と思うも、当日は秋華賞(G1)という事で白羽の矢か!?。俄然鬼の居ぬ間に…で石橋(脩)Jは結果を出したいところでしょうね。この血統で中途半端な出走は避けたいはずで、ほぼ結果を出せる状態でくるはず。

新馬戦を超良血の1番人気で…

また、馬主の金子氏はアパパネの2018となるアカイトリノムスメが新馬戦で1番人気も7着、そしてサマーハの2018となるサヴァニャンも新馬戦で3着と超良血馬で期待度の高い2頭が新馬から負けてるだけに…この世代で唯一1頭の預託となる堀師だが、トップトレーナーだけに何としても好結果を齎して欲しいところでしょう。現在週末の予想はやや微妙そうだが、個人的にはできれば良馬場で初戦はみてみたいものですね。

当日のライバルはまだ未知ですが、どんな結果を出して来るか興味津々の私です。

タイトルとURLをコピーしました