【POG】オルフェーヴル産駒で母◯外ケースバイケースの2018となるタニノミモザの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的には俄然注目したくなる1頭ですが、名牝の血が騒ぐか楽しみですね!。父はオルフェーヴルで母◯外ケースバイケースの2018となるタニノミモザをご紹介したいと思います。

タニノミモザのプロフィール

馬名:タニノミモザ(2歳・牝馬)
馬主:谷水雄三氏
管理:吉岡(辰)師
父:オルフェーヴル
母:◯外ケースバイケース
母父:シーザスターズ
デビュー予定日:2020年10月18(日) 京都 芝1400m
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

新馬勝ち3頭も、既にOP勝ち馬を…

父はオルフェーヴルですが、先週は3場開催との事で新馬戦と未勝利が多く開催されるも勝ち星を挙げる事ができませんでした。ただ新馬勝ちが3頭かな?と少ないものの、その中でポールネイロンがデビュー2連勝でききょうS(OP)を逃げ切り勝ちしております。個人的には複数活躍馬を出すというよりは、1世代で一発型を少数出すというイメージですので、古馬のラッキーライラックの様なG1を複数勝つ様な馬がこの世代から出てくるといいですね。

名牝の血とシーザスターズの血…

そして母は◯外ケースバイケースで馬名を聞いたらピンときた方がいらっしゃると思います。そう、あの牝馬ながら牡馬相手の日本ダービーを制した名牝ウオッカの仔でシーザスターズ産駒になりますね。現役時は、デビュー前から相当超良血馬ですし期待されましたが、逃げ、差し、追い込み、先手と多種の位置取り、そして芝で結果が出ずダートへ、更には1800~2400mの距離を試すも結果を出せず。という事で無念の、通算6戦0勝で引退し繁殖へと上がりました。血統表を見るだけならワクワクしてしいまいますが残念ながらウオッカの仔の活躍が厳しい状況なだけに、その仔から大物が出てくることを期待したい私。因みに2019はダイワメジャーを配合されてる様ですし、何れにせよ今後このケースバイケースからの仔も気になりますね。

預託先は、吉岡(辰)師

そんな中、2018のオルフェーヴルを配合されたタニノミモザが今週末デビューを予定とされています。正直調教ピッチはゆっくり…という印象も、まさかのこの10月にデビュー想定は意外。そのデビュー戦は京都の芝1400mで鞍上は現在リーディング6位かな?横山(武)Jの様ですし期待はしたくなります。また、預託先は開業間もない吉岡(辰)師との事ですが、元角居師のところでサートゥルナーリアを担当されてた方。“タニノ”の冠でお馴染みで馬主の谷水氏もその手腕に期待されての預託という事でしょうか。今年は10勝を挙げており重賞勝利の前に出走をもなせてないが、今後に期待したい師ですね。

さぁ、名牝の仔の血を引き継いだ仔がどんな走りと結果を見せるか。
初仔ではありますが、興味津々な私です。

タイトルとURLをコピーしました