【秋華賞 2020】無敗の牝馬2冠デアリングタクトで決まり!?そして気になる穴馬は…

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、牝馬クラシック3冠最終戦の秋華賞(G1)が京都競馬場で開催されます。
大注目はデビューから無敗で牝馬3冠馬に大手をかけているデアリングタクトでしょう。
競馬に絶対はなく曲者馬も複数おり、ぶっつけとはいえどG1・2戦で強さを魅せつけた馬。
あっさりか!?それとも…と、考慮しつつ、勝手ながら複数頭を検証したいと思います。

秋華賞/2020 ピックアップ馬

史上初無敗の牝馬3冠馬となるか!?

馬名:デアリングタクト(3歳・牝馬)
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング
管理:杉山師
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:松山ジョッキー

牝馬クラシックの桜花賞ではあのレシステンシアを、そして一気に距離が伸びたオークスではウイン2騎を最速の上がりで差し切り牝馬2冠を達成。その後TR戦を使うか?と思ったが結果的のぶっつけを選んだ。という事は先々を見据え!?…と思いきや陣営はピークに仕上げてくるとのコメントが出てる程。競馬に絶対はないと言えど史上初の無敗の3冠馬へ万全の仕上げとなれば…穴党としても手も足もでないと判断し、素直に予想に入れることにします。

阪神JF(G1)で1番人気馬がここで復活か!?

馬名:リアアメリア(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母父:ロックポートハーバー
鞍上予定:川田ジョッキー

デビュー2連勝でアルテミスS(G3)を勝った際にはクラシック候補!と思ったが、阪神JFで1番人気に支持されるもまさかの6着に崩れ、桜花賞ではよもやの10着、もう終わったかも…とオークスでは8番人気も4着に好走。そして前走ローズS(G2)では復活を魅せつけ2着に2馬身差をつけで2番手からの押し切り勝ち。また鞍上は先週重賞勝利と人馬共に復調した感じと思えるが、この馬左回りに対して右回りが…そこはかなり気になり現時点では、予想の候補には残してこうと思ってる私です^^;

勝てど人気にならないが…ポテンシャルは高い!?

馬名:マルターズディオサ(3歳・牝馬)
馬主:藤田在子
管理:手塚師
父:キズナ
母:トップオブドーラ
母父:グランドスラム
鞍上予定:田辺ジョッキー

阪神JF(G1)ではレシステンシアには屈したが、6番人気で2着と好走。また前哨戦のチューリップ賞(G2)を勝ち、挑んだ桜花賞ではよもやの8着、更に日本ダービーでは10着と敗けてしまった。敗因は前者が重馬場、後者は距離とみている。放牧後は前走の紫苑S(G3)で2着以下を1馬身1/4差を付ける勝利と+12キロの成長分も感じた。地味で勝っても人気になりにくい同馬だが、叩かれた上に今回も距離は守備範囲の2000mとなれば上位陣相手に一発も!?現時点では、予想の候補に入れたいと思っている私です^^;

現時点で気になる穴馬は…

で、現時点で私の穴馬として気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

最後に、抽選対象のレイパパレが通れば人気しそうだが、敢えて…

騎乗停止で鞍上は乗り替わりだが…

馬名:マジックキャッスル(3歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:国枝師
父:ディープインパクト
母:ソーマジック
母父:シンボリクリスエス
鞍上予定:大野ジョッキー

デビュー4戦までは重賞2着2回と堅実な走りを魅せていたが、浜中Jに乗り替わった桜花賞12着、オークス5着、そして前走紫苑Sで4着と何れも馬券圏外となった。馬場、レース展開、相性など色々と考えられるが…と、そんな矢先騎乗予定だった浜中Jが騎乗停止となり、鞍上はテン乗りも大野Jになる事が決まっており穴党としては配当妙味も。また、今年は未だ重賞未勝利のジョッキーだが札幌記念(G2)では戦績が冴えなかったペルシアンナイトを2着に導いた手腕で馬券圏内なら…と現時点で予想の候補には残そうと思ってる私です^^;

という事で、抽選馬以外から勝手ながら4頭をピックアップしてみました。結局デアリングタクトに対してどの馬が喰らいつくか!?というレースになりそうですが、競馬に絶対はないものの…穴党の出番があればと思うばかりです。また、今週末は諸事情によりリアルタイムで見れない上に更新が遅れそうなこのブログ。簡易的でも好配当な予想ができればと思っています。

さぁ、本番はどんな結果となるのか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました