2020年 NHKマイルカップ(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果G1レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないは週明けから決めていたサトノインプレッサは飛んでくれましたが…^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑫ボンオムトゥック 9着(12番人気)
抽選突破をした身だが前走4着はスタートを出るも二の脚が付かず想定より中団辺りに位置取る事に。それでもG前では渋とさを武器に2、3着馬とは差のない競馬だった。また1800mで2連勝の実績はアドバンテージにもなる。唯一のクロフネ産駒に、鞍上はインパルスヒーローを思い出す田中(勝)Jに一発を託してみる。

◯ ⑱ウイングレイテスト 7着(8番人気)
デイリー杯2歳Sで◎にし7番人気で2着、そして前走NZTでは○にして3着と予想では好相性の同馬。だから今回も…ではないが、前走は4角で不利を受けながらも3着に追い込んだ力は魅力的。大外枠だが重賞で好走は共に外目の枠だけに絶好調横山(武)Jと共に好走を期待する。

▲ ②タイセイビジョン 4着(2番人気)
朝日杯FSでサリオスに0.4秒差の2着、前走アーリントンCで+10キロの馬体から2着以下を一蹴で2馬身差の勝利。全5戦3勝で重賞2勝馬ながらこのメンバーに入れば何故か人気にならないがラストの脚も含め安定感は抜群。叩かれた上積みに今年3勝が全てマイルの石橋(脩)Jに好走を期待する。

△ ⑭ルフトシュトローム 5着(4番人気)
前走NZT(G2)では直線手前で膨らんだ他馬のアオリを受けるも後方から最速の上がりで無傷の3連勝と強い内容。気になるNZT勝ち馬での本番だが、無敗ならエルコンドルパサーやカレンブラックヒル等がいる。鞍上も強化間違い無しのレーンJなら期待度MAXで、キンシャサノキセキ産駒の好結果を期待する。

× ③レシステンシア 2着(1番人気)
阪神JFを勝った2歳女王が前走桜花賞(G1)は2番手から直線途中までは勝ちを意識しただろうが2着まで。勝った相手が強かったという事だが今回気になるのは馬体重。前走それ相応に仕上げた感もあるが出来れば増えて欲しい。また、手綱を取った武(豊)Jは先約で?サトノインプレッサへだがルメールJに乗り替わりなら問題なしで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線内目からジリジリ脚を伸ばした9番人気のラウダシオン、
2着は逃げて粘走で奇しくも負けた1番人気のレシステンシア、
3着は後方馬場の真ん中から突っ込んだ6番人気のギルデッドミラーでした。

我が本命の◎ボンオムトゥックですが結果9着となりました。強敵相手だけにスタートだけはせめてすんなり出て欲しいと願ってましたがそのスタートは、きっちり出れスッと前目の4番手で1角へ。道中は中団の少し前でレースを運び折り合いはついてそうでしたね。直線入り口では馬群の塊になり直線へ。また馬場の真ん中を選ぶ中盤までは脚を伸ばし面白そうでしたが、そこから最後止まってしまいましたね。少し夢を見させて頂きました^^;

しかし、馬券的には…ラウダシオンはデムーロJという時点で切ってるだけにそもそも話にならないwww。そしてレシステンシアは初輸送等が響いたか馬体重が減りすぎてたかな?そして3着ギルデッドミラーは、最後の最後脚を伸ばし、3着に食い込み1戦ずつ確実に成長を魅せてる感じでPOG馬だけに頑張ってくれました。皐月賞に続きG1的中といきたかったが予想が…もう完敗。ラウダシオンが勝ち切るとは思ってませんでしたが、レース展開とデムーロJの前の内目を取った好判断が結果を生んだかな。どうも予想がハマらないし情けない予想が続いてます。が、予想スタンスは変えずに引き続き的中に向け頑張ります><

来週はヴィクトリアマイル(G1)と京王杯スプリングC(G2)です。あのアーモンドアイが有馬記念9着以来のレースとなりますが、どんな結果を出すか非常に楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました