【POG】ハーツクライ産駒で母セレスタの2018となるミッキーセレスタの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的にこの母から大物が出そうな気はするが…。父はハーツクライで母セレスタの2018となるミッキーセレスタをご紹介したいと思います。

ミッキーセレスタのプロフィール

馬名:ミッキーセレスタ(2歳・牡馬)
馬主:野田みづき氏
管理:国枝師
落札額:1億500万円(セレクトセール 2018)
父:ハーツクライ
母:セレスタ
母父:ジャンプスタート
デビュー予定日:2020年11月22(日) 東京 芝2000m
鞍上予定:未定

ハーツクライ産駒が…

父はハーツクライとなりこの2018世代での先週は、未勝利戦の勝鞍はありませんでしたが新馬勝ちはアンダープロットが評判馬のプレミアエンブレムをクビ差差し切っての勝利とデビュー勝ちとなりました。ただ勝ち上がった馬で活躍馬が出てないのが現状。昨年はサリオスを出した種牡馬ですし、クラシック制覇へ向け良い馬が出てくるのを願ってる私です。

通算7戦6勝の繁殖牝馬で今後も…

母はセレスタとなり、アルゼンチン産で日本ではあまり馴染みのないジャンプスタート産駒ですね。現役時はCEジュヴェナイルフィリーズ(G1)を制し、ラウルアリステギ賞のG2を、そしてアンドレスSトーレス賞、フォルトゥナダミアーニ賞、デルリAゴメス賞のG3を3勝し通算7戦6勝で引退、繁殖へと上がりました。また繁殖生活ですが、初仔で全兄となる2017のダノンセレスタがデビューから4戦2着で5戦目に勝ち上がり、現在【1612】と2着6回はラストの脚もありながら最後の詰めが甘いのが特徴として出てますね。

一度はデビュー予定も外傷で…

そんな中、再度ハーツクライを配合されたミッキーセレスタが今週末デビューを迎えようとしています。馬主はミッキーの冠でお馴染み野田みづき氏となり、預託先は国枝師。当初デビューは6月頃かな?と思いきや、外傷を負ってしまい放牧に出てました。そしてようやく今回態勢が整った感じですね。またデビュー予定はこの血統なら東京芝2000mは個人的に合うと思ってますが距離より…コチラも個人的に気になっていたアロマティコの2018となるアルビージャが参戦予定との事。何れにせよ冠のダノンからミッキーに引き継がれるこの血統で関係者の期待度も高いはず。また鞍上は現時点で未定ですが、横山(典)Jが!?追いきりで騎乗された様でそのまま騎乗となるのかは気になりますね。

先々、クラシックを賑わせる様な活躍になる事を期待したいですし、どんな結果となるか非常に気になります。

タイトルとURLをコピーしました