【POG】ディープインパクト産駒で母トゥーピーの2018となるトゥールアンレールの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

全兄が日本ダービー2着の実績がある配合で楽しみですね。父はディープインパクトで母トゥーピーの2018となるトゥールアンレールをご紹介したいと思います。

トゥールアンレールのプロフィール

馬名:トゥールアンレール(2歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:木村(哲)師
募集額:6,000万円
父:ディープインパクト
母:トゥーピー
母父:インティカブ
デビュー予定日:2020年11月23(月祝) 東京 芝1400m(牝限)
鞍上予定:ルメールジョッキー

好調ディープインパクト産駒

父はディープインパクトとなりますが、2018世代で先週の新馬勝ちはありませんでしたが未勝利戦ではエイスオーシャンが勝ち上がり。そして何と言っても、レッドベルオーブがレコードタイムでデイリー杯2歳S(G3)を制し重賞初勝利を挙げました。やはり層が厚いディープインパクト産駒ですが、これで暮れのG1に出走すべく調整をされてくるでしょうし非常に楽しみな存在となりそうです。

全兄は日本ダービーで2着

そして母のトゥーピーはイギリス産のインティカブ産駒ですね。現役時は、G1の仏1000ギニーでは2着の実績がありますが重賞勝ちはアランベール賞(G3)の1勝のみ。競争戦績は通算20戦3勝で引退し、繁殖へと上がっております。その繁殖生活ですが、代表産駒と言えば2012のディープインパクトを配合したサトノラーゼン(牡馬)が京都新聞杯(G2)を制し、日本ダービー(G1)であのドゥラメンテの2着という実績があります。また2013のハーツクライを配合したサトノクロニクル(牡馬)は現役だがチャンレンジC(G3)を制しており、重賞2着3回、3着1回の実績を持ちます。ただスクリーンヒーロー等を配合した仔達の活躍はなし。という事でやはり血統的にディープインパクトの血は合うのでしょうね。

小柄が気がかりも鞍上はルメールジョッキー!?

そんな中、サトノラーゼン以来のディープインパクトを配合されたトゥールアンレールが今週末デビューを迎えようとしています。また預託先は、活躍馬2騎が共に里見氏所有馬という事もあったか池江師だったが…シルクレーシング所有の今回は木村(哲)師に決まってますね。デビュー予定は祝日開催となる23日の東京芝1400mで牝馬限定戦。馬体が400キロいかない程度という事でかなり小柄は気になりますが…それでも鞍上は予想外のルメールJとの事。またラーゼンは牡馬でコチラは牝馬ですが関係者も能力にはかなり期待されてるという事でしょうし、久しぶりのディープインパクト配合でサトノラーゼンに続くひょっとしたらひょっとするかもしれません。

久しぶりのディープインパクトの配合でどんな結果を出すか、新馬戦が楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました