【POG】ロードカナロア産駒で母ディアデラノビアの2018となるディオスバリエンテの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この母の血からそろそろG1馬を…と期待する私。父はロードカナロアで母ディアデラノビアの2018となるディオスバリエンテをご紹介したいと思います。

ディオスバリエンテのプロフィール

馬名:ディオスバリエンテ(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:堀師
募集額:7,000万円
父:ロードカナロア
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
デビュー予定日:2020年12月13日(日) 中山 芝1800m
鞍上予定:石橋(脩)ジョッキー

フォドラ以上の産駒が…

父はロードカナロアとなり、何だかんだで同産駒であるアーモンドアイの引退は寂しい限りですね。今後の仔に期待という事で…。という事でこの2018世代で先週は、アオイショーが2着に2馬身1/2差を付ける圧勝で新馬勝ち、そしてトゥルーバローズが未勝利戦を勝ちと2勝を挙げました。ただ賞金で言うと小倉2歳S(G3)で3着のフォドラ以外の活躍が…という事で、新馬勝ち馬も増えてきてますし産駒の今後の活躍を期待したいところ。

重賞馬を2頭出した母

母はディアデラノビアでサンデーサイレンス産駒ですね。現役時はG2のフローラ賞に、京都牝馬S、愛知杯のG3を2勝を挙げG1には手が届かずも頑張ってくれ記憶に残る結果をだしました。通算戦績は25戦5勝で引退から、繁殖牝馬へ上がりました。その繁殖生活は代表産駒はディアデラマドレ(父キングカメハメハ/牝馬)が重賞3勝、ドレッドノータス(父ハービンジャー/牡馬)が京都2歳Sと京都大賞典を制したりと実績を残してますし、その他の仔も勝ち上がり率は非常に高いという事で孝行娘ですね。

中山の新馬戦を両睨み

そんな中、10番仔となるロードカナロアを配合されたディオスバリエンテが今週末デビューを迎えようとしています。ただ、番組が日曜の中山芝1800mを鞍上は石橋(脩)Jという事が有力の様ですが、12日土曜の中山芝マイルも視野に入ってる様です。何れにせよ預託先は堀師ですし期待度は高くなりますが、調教もテンションが高いのをチラホラ見せてた様ですが時計も詰めてしっかり走れてきてる様です。兄弟を見ても血統が血統だけに期待したいですし、そろそろG1に手が届く仔が出て欲しいのも本音。

高齢になってくる母の分も含め、先ずは新馬戦。そしてその後大舞台で通用し好結果に繋がる活躍を期待したいですね!

タイトルとURLをコピーしました