【POG】キズナ産駒で母のアンティフォナ2018となるローウェルの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この母から2頭目のG1馬が出るか!?と、興味をそそられる私です。父はキズナで母アンティフォナの2018となるローウェルをご紹介したいと思います。

ローウェルのプロフィール

馬名:ローウェル(2歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:斉藤(崇)師
募集額:3,000万円
父:キズナ
母:アンティフォナ
母父:ソングアンドプレイヤー
デビュー予定日:2020年12月19日(土) 阪神 芝1600m
鞍上予定:北村(友)ジョッキー

阪神コースから3勝の積み上げ

父はキズナで、先週の新馬戦ではアクセルが勝ち上がり未勝利戦ではエコロマンボとテイエムタツマキの2頭で計3頭が勝ち上がってますが、3頭共阪神コースでの勝利というのが面白いですね。また2018世代で現状はスーパーホープがデイリー杯2歳S(G2)で3着、そしてフラーズダルムが新潟2歳S(G3)で3着、ダディーズビビットが野路菊S(OP)で2着といますがどうも勝ちきれないが、重賞で善戦をしてるという感じですね。因みに朝日杯FS(G1)にはバスラットレオンのみかな?が、控えてます。昨年のマルターズディオサ以上に活躍する子がこの世代でも出てくるといいですね!

ダート1000mが得意だった母からG1馬が…

母はアンティフォナで米国産のソングアンドプレイヤー産駒ですね。現役時は国内でデビューし、5戦目でダート1000mの未勝利を勝ってますが、何れも連に絡んだのがダ1000m【1200】という感じで距離の壁は大きかった感じでしょうか、その後も主な活躍ができないまま通算6戦1勝で引退し、繁殖へと上がってますね。また繁殖生活で活躍馬といえば、記憶に新しい昨年NHKマイル(G1)を制した4番仔のラウダシオン(父リアルインパクト)がおり、G1馬の母となりました。

ようやく待望のデビューへ

そんな中、2018はリアルインパクトに替わりキズナを配合されたローウェルが今週末デビューを迎えようとしています。馬体のバランスが良いとの評判ですがラウダシオンの6月に比べ、打って変わってデビューが遅くなったのは、喉頭蓋エントラップメントにて手術をしたのが原因。とはいえ早い時期だったという事もあり、この時期にデビューできるのは前向きに捉えたいところ。預託先もラウダシオンを管理した斉藤(崇)師という事ですし、調教もかなり上向きでデビュー戦までにうまく仕上げてくれそうで、鞍上は追いきりで騎乗の北村(友)Jの様です。

ここまで色々とありましたが、個人的にはキズナ産駒でもあり血統的にも非常に期待したいところ。それにラウダシオンとは違い、距離の融通もそれなりに利きそうで能力をちゃんと発揮できれば…と。さて、先ずは無事に…という気持ちですが良い結果になれば最高で、デビュー当日がが楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました