【POG】エピファネイア産駒で母ブルーダイアモンドの2017となるアリストテレスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的には考えさせられる血統ではありますが、父は新種牡馬のエピファネイアで母はブルーダイアモンドの2017となるアリストテレスをご紹介したいと思います。

馬名:アリストテレス(2歳・牡馬)
馬主:近藤英子氏
管理:音無師
父:エピファネイア
母:ブルーダイアモンド
母父:ディープインパクト

父は新種牡馬となるエピファネイアでJC勝ちのインパクトは絶大でした。そんな父と母ブルーダイアモンドの2017となりアリストテレスは馬主が近藤英子氏。近藤英子氏といえば、8歳でG1の天皇賞・秋とマイルCSを制したカンパニーや、重賞3賞馬で、G1の菊花賞、有馬記念、天皇賞・春で2着となったリンカーン、デビュー4戦目で皐月賞を制したヴィクトリー、そしてキタサンブラックを破り重賞2勝のアンビシャス等の活躍馬に、同馬の母ブルーダイアモンドも自身で所有していた馬。これは何れも管理は音無師という事で、アリストテレスも同様その音無師管理という事の様で、期待されてる1頭だと想定しています。

また、その母のブルーダイアモンドからはロードカナロア産駒の初仔、インディゴブルーが松下師が管理で昨年松にデビューしましたが5、3着と勝ち切れていません。そしてこの2017のアリストテレスは音無師とのコンビであれば最大の期待された1頭かも。ただ、気性難だけはまだ情報もなく未知でわかりませんがうまくい抑え効けば大物にも!?デビューはまだ先の様ですし、新種牡馬に手を出すのは怖いのもありますが、どんな結果を出すのか興味津々です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする