【ヴィクトリアマイル2019】アエロリット、カンタービレ、ノームコア、ミッキーチャームが有力!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は牝馬のG1戦となるヴィクトリアマイル(G1)が東京競馬場で開催されます。個人的に抜けた存在が見当たらず人気割れがほぼ確実と思われ一筋縄では決まらなそうとみています。上位人気となりそうな4頭を検証してみたいと思ってます。

先ずは、

馬名:アエロリット(5歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:菊沢師
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
鞍上予定:横山(典)ジョッキー

前走は海外のペガサスWCと強敵を相手に9着ではありましたが海外だけに度外視できる内容。ただ国内のレースに関しては東京のG1となるNHKマイルCを制している上に、昨年同レースの4着馬と今回の舞台は合います。また、3走前の毎日王冠では後のG1馬となるステルヴィオや、菊花賞馬キセキ等を相手にG1馬3頭に1馬身1/4差をつける圧逃で勝利しました。が、2走前のマイルCSでは着順は12着も勝ち馬に0.5秒差なら巻き返しもと思える内容でした。東京では【3301】と着外1回も昨年ヴィクトリアマイルの4着のみ。これはかなり有力馬の1頭となりますが、海外帰りという点と個人的に何より鞍上が…元主戦の横山(典)Jがどんな競馬をするのか読めないが現時点では予想の候補に残したいと思います^^;

続いては、

馬名:カンタービレ(4歳・牝馬)
馬主:石川達絵氏
管理:角居師
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:ガリレオ
鞍上予定:デムーロジョッキー

フラワーCにローズSの牝馬重賞2勝馬で秋華賞ではあのアーモンドアイに0.4秒差の3着は光ります。が、以降エリザベス女王杯ではリスグラシューに0.6秒差の6着は距離もあったか?という感じでしたが、前走阪神牝馬Sでは叩きと思いながらも、着順が6着も勝ち馬ミッキーチャームとは0.1秒差と全く悲観する内容ではありませんでした。鞍上は先週G1を勝ちようやく起動に乗りそうなデムーロJと勢いもありそう。また血統的にもこのレースと相性が良さそうなだけにここは黙って予想に入れるのも手ですが迷います^^;

そして、

馬名:ノームコア(4歳・牝馬)
馬主:池谷誠一氏
管理:萩原師
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
鞍上予定:未定

同馬の誤算は先週のレースで騎乗停止となったルメールJが騎乗できないのは痛いか。重賞勝ちは紫苑Sでクラシック戦線で上位だったマウレアに3馬身差をつけての勝利はインパクト大。続くエリザベス女王杯で5着、近2重賞は2、7着だが勝ち馬とは共に0.2秒差以内。もちろんルメールJが騎乗予定だったことで間違いなく陣営も仕上げてくるだろうし、人気も落ちる!?なら配当妙味で入れるのもありですが鞍上は田辺JかレーンJとかかな?直線の長いコースでも馬券圏内に絡んでますが使える脚が短そうなのでそこはポイントになりそう。当日の人気もあるが切りたい気持ちの方が強いかな^^;

個人的に穴馬!?なのか読めないが気になるのは前走で気が下がりそうな…?「人気ブログランキング」でしょうか。あの強敵相手にトップクラスで走っていた同馬ですから巻き返しても…
※皆様、応援クリックをお願いします^^

最後に、

馬名:ミッキーチャーム(4歳・牝馬)
馬主:野田みづき氏
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:リップルスメイド
母父:ダンシリ
鞍上:川田ジョッキー

今年初戦の2走前こそ14着に崩れたものの秋華賞2着に前走重賞制覇と全て4着以内と堅実派の同馬。小柄で叩き良化型と叩き3戦目となる今回は陣営も仕上げには抜かりないはず。天の邪鬼として気になるのは前走こそセンスの高さでマイルで勝ったもののG1のレベルでマイルの適正があるか!?という点と、輸送、そして中京2着はあるものの東京未経験は少し気になりますね。とはいえ絶好調の川田Jだけに気にはなるが、馬券圏内という感じにみえて勝ちきるまでは…かな?^^;

という事で、今回は上位人気になりそう!?な馬をピックアップしました。人気割れで波乱必至とみて予想を組み立てていきたいと思いますが、既に2頭は決まってます。

どんな結果になるのか本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする