【POG】ディープインパクト産駒で母プリティカリーナの2018となるホウオウラフィットの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

先週のフェアリーS(G3)で小笹氏所有のホウオウイクセルが2着と好走し、高額落札のこの馬が続けるか!?。父はディープインパクトで母プリティカリーナの2018となるホウオウラフィットをご紹介したいと思います。

ホウオウラフィットのプロフィール

馬名:ホウオウラフィット(3歳・牝馬)
馬主:小笹芳央氏
管理:池上師
落札額:1億8,000万円(セレクトセール2019)
父:ディープインパクト
母:プリティカリーナ
母父:シーキングザゴールド
デビュー予定日:2021年1月16日(土) 中山 芝1600m
鞍上予定:??ジョッキー

まだ重賞勝ちは1つ!?

父はディープインパクトとなりこの2018世代では先週は、新馬勝ちはなかったものの、阪神JF(G1)で3着の実績があるクラアラヴァシュドールがいる血統のノースザワールドが未勝利戦を勝ちあがりました。ただシンザン記念(G3)で3番人気に支持されたロードマックスが15着と大敗は無念ですね。因みに産駒の重賞勝ちはレッドベルオーブのみは意外という感じだが、それでもG1で2着のサトノレイナスや金子氏所有の血統馬ヨーホーレイク等もおり、さすがと言わんばかりにクラシック制覇へ向け素質馬は揃ってますね。

仔は1番人気で出走率は高くも…

母はプリティカリーナで米国産のシーキングザゴールド産駒ですね。現役時はコレと言った活躍ができないまま通算7戦2勝で引退しましたが、近親には米3冠戦のプリークネスS(G1)を勝ったバーナーディニがいる事もあり、そのまま繁殖へと上がった感じでしょうか。その繁殖生活ですが代表産駒と言えば全体的に高額で落札されてる兄弟ではあるが…2012のアンタラジー(父ディープインパクト/牡馬)はデビューから8戦連続で1番人気に支持され、500万下→1000万下→1600万下と3連勝をするも主な活躍はなし。そして現役の2014となるエクレアスパークル(父ハーツクライ/牡馬)も8戦連続1番人気に支持されるも、3勝クラスをウロウロ…と、その他にマンハッタンカフェやオルフェーヴル等を配合されましたが活躍馬が出ず。

超高額の1億8,000万円で落札!

そんな中、3度めの正直とばかりにディープインパクトを配合されたホウオウラフィットが今週末デビューを予定としております。因みに落札額は1億8,000万円の超高額で“ホウオウ”の冠でお馴染み小笹芳央氏が落札しましたが、預託先はこのコンビでの活躍馬は出てないが池上師との事。ちょっと個人的に気になるのは、過去の配合からもこの血統で活躍馬が出てないのは気がかりも、『全体のバランスと柔らかさで落札を決めた』同馬で高額落札馬だけにこの世代ではホウオウアマゾンやホウオウイクセルの重賞で好走に続けと小笹氏もその勢いに乗りたいところでしょうね。

さてさてどんな結果になるのか、非常に楽しみなディープインパクト産駒です!

タイトルとURLをコピーしました