【POG】ドゥラメンテ産駒で母ゼフィランサスの2018となるドゥラモンディーの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

天才が鞍上となり、どんな走りを見せてくれるか楽しみですね。父はドゥラメンテで母ゼフィランサスの2018となるドゥラモンディーをご紹介したいと思います。

ドゥラモンディーのプロフィール

馬名:ドゥラモンディー(3歳・牡馬)
馬主:ターフ・スポート
管理:本田(優)師
募集額:2,400万円
父:ドゥラメンテ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
デビュー予定日:2021年1月16日(土) 中京 芝2000m
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

先週の牡牝3歳重賞は…

父はこの世代から新種牡馬のドゥラメンテとなり、3日間開催の先週はレッジャードロの新馬勝ちがあり未勝利戦は勝ち上がりはありませんでした。またシンザン記念(G3)では産駒のフォルヴォーレ(13着)とルース(9着)と撃沈、そしてフェアリーS(G3)ではアトミックフレア(8着)とコチラも撃沈し、産駒は未だに重賞未勝利。この世代ではマイル路線でアスコルターレ(もみじS勝ち)、クラシックではタイトルホルダー(東スポ2歳Sで2着)が筆頭格か!?。因みに私が密かに期待してるのはワンデイモアで、1勝クラスを勝ち2連勝から次走は皐月賞TRの弥生賞(G2)との事で楽しみですがその他の産駒にも活躍を期待を願っています。

昨年重賞勝ち馬を輩出した母

母はゼフィランサスとなり、キングヘイロー産駒ですね。現役時は引退した藤田Jを思い出しますがデビューから4戦連続で2着続きと、後のG1馬ホエールキャプチャに0.1秒差もありながら5戦を要しいようやく勝ち上がり。またクラシック牝馬最終戦の秋華賞(G1)に出走するも16着となり、その後もコレと言った活躍ができないまま通算22戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが代表産駒は記憶に新しい京都新聞杯(G2)を勝ったディープボンド(父キズナ/牡馬)が活躍しましたね。クラシックでは皐月賞は10着も日本ダービーで5着、菊花賞では4着と素質の片鱗を魅せました。まだ若い母でまだまだこの先の仔も期待したくなる私です。

鞍上は武(豊)ジョッキーを予定

そんな中、新種牡馬のドゥラメンテを配合され2018となるドゥラモンディーが今週末デビューを予定としております。預託先は馬主がターフ・スポートに変わった事もあり、ディープボンドを管理した大久保(龍)師から本田(優)師の様ですね。そしてデビュー予定は中京の芝2000mで鞍上は和田Jではなく天才武(豊)Jを配してるのですが、良血馬のマンインザミラー(シルヴァースカヤの2018)も登録されてる様だが先約か?コチラに騎乗予定の様ですね。とは言え武(豊)Jなら陣営の期待の現れだと思うが一時は深菅かな?、脚を痛めた様でデビューがここまで延びました。逆にじっくり調整された事が功を奏してか!?師の評価が良いのは良かったかもしれませんね。

現状出走馬情報が少なく、この時期だと除外の煽りも視野にいれつつ調整になると思いますが先ずは無事にゲートイン、そしてクラシック出走へ向けては1戦1戦が大事なレースになるので、好走しつつ成長を促せれば最高ですね。兄のディープボンドを超える活躍を期待したいと思う私です!

タイトルとURLをコピーしました