【POG】ハービンジャー産駒で母ディオジェーヌの2019となるリブーストの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母系はスタミナ豊富な血統、そして鞍上はトップジョッキーを配してきた。父はハービンジャーで母ティオジェーヌの2019となるリブーストをご紹介したいと思います。

リブーストのプロフィール

馬名:リブースト(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:佐々木(晶)師
募集額:2,400万円
父:ハービンジャー
母:ディオジェーヌ
母父:ディープインパクト
デビュー日:2021年8日8日(日) 新潟 芝2000m
鞍上:川田ジョッキー

新馬勝ち馬は粒が揃ってる印象

父はハービンジャーとなり先週の2019世代では、新潟の新馬戦でサイモンバロンが出走も5着となり掲示板を確保。また未勝利戦で出走はなく、残念ながら産駒の勝ち星はなし。現時点でアライバルが早々に勝ち上がるも期間が空いて、ミッキーブンブンが2着に0.5秒差を付け勝利、そしてリューベックも2着に0.3秒差を付け勝利とこの世代のハービンジャー産駒に魅力を感じている私。ロードリライアブルやグランディアも新馬戦で共に2着も早めに勝ち上がりそうで、今後も非常に楽しみな私です。

母はディープインパクト産駒で3勝を挙げるも…

母はディオジェーヌでディープインパクト産駒ですね。現役時は、デビュー7戦目にして未勝利を勝ち次走500万下で連勝となるも、ラストランとなった1000万下で1番人気に推されるも10着に敗れその後靭帯の怪我が判明し、主な活躍ができないまま通算19戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、初仔のディオジェーヌ2017(父ヘニーヒューズ/牝馬)が未デビューの状況で、2018のデュークアックス(父マジェスティックウォリアー/牡馬)が父が父だけにダートデビューも、8、14着と厳しい状況ですが…何やら2019は評判が良さそうです。

“逸材”とまで言われてるが…!?

そんな中、ハービンジャーを配合された3番仔のリブーストが今週末のデビューが決まりましたね。預託先は佐々木(晶)師となり、デビュー戦は8日(日)の新潟芝2000mを鞍上川田Jという事で新馬から思わず期待したくなる状況です。調教では古馬の1勝クラスに4馬身先着したりと併せ馬で1度も負けた事がなく、馬体重は490キロ近くで好時計も出している様です。また母系からもスタミナが有り、距離は長いに越した事はなさそう。また、同レースのライバルは出走してくれば…当然良血馬のダンテスヴューの存在でしょうが、個人的に気になってるのがG1での師…タップダンスシチーやキズナ等を手掛けた師だけにそろそろ…と思いたいところだが、“逸材”とまでニュースでも言われてる馬だけにトップジョッキーを配してのデビュー戦でどんな結果を出すか興味津々な私です。

タイトルとURLをコピーしました