【POG】ロードカナロア産駒で母アドマイヤテンバの2019となるホウオウプレミアの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2億7,000万円の超高額馬が、ルメールジョッキーを背に参戦。父はロードカナロアで母アドマイヤテンバの2019となるホウオウプレミアをご紹介したいと思います。

ホウオウプレミアのプロフィール

馬名:ホウオウプレミア(2歳・牡馬)
馬主:小笹芳央氏
管理:奥村師
落札額:2億7,000万円(セレクトセール2019)
父:ロードカナロア
母:アドマイヤテンバ
母父:クロフネ
デビュー予定日:2021年8日15日(日) 札幌 芝2000m
鞍上予定:ルメールジョッキー

新馬勝ちで非常に楽しみな存在

父はロードカナロアとなり先週の2019世代では、新馬戦であの全兄ステルヴィオを持つステルナティーアが1番人気に応え強い内容で勝利。また、未勝利戦には出走馬がおらず産駒として1勝を積み上げましたね。そのステルナティーアですが、2着に3馬身差を付ける程の内容は今後に期待を持たせる勝ち方。管理する岩戸師は、敢えてこれ以上触れませんが木村(哲)師からの急遽転厩も期待に応えた感じ。ステルヴィオ以来のG1馬が出るか!?、楽しみですね。

あのアドマイヤグルーヴの初仔が母となり…

母はアドマイヤテンバとなりクロフネ産駒ですね。現役時は、アドマイヤグルーヴの初仔で良血として期待されるも残念ながら、主な活躍ができないまま通算22戦4勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、初仔のアドマイヤローザ(父ハービンジャー/牝馬)が2勝、アドマイヤキング(父キングカメハメハ/牡馬)が1勝、ベルエポック(父モーリス/牝馬)が0勝と、4頭中3頭がデビューも活躍馬が出てないない状況。因みに2020はバゴを配合されておりますが、母アドマイヤテンバは今年この世を去ったとの事で、このバゴとの仔が最後となります。

ルメールジョッキーを配し期待大!?

そんな中、ロードカナロアを配合されたホウオウプレミアが今週末デビュー予定となっております。馬主は“ホウオウ”の冠でお馴染み小笹芳央氏ですが、セレクトセール2019にて2億7,000万円で落札された超高額馬。そして預託先は、小笹氏所有馬で総賞金2位のホウオウスクラムで4勝を挙げる、奥村師とのコンビ。気になるデビュー戦は個人的にマイルかな?と思いきや、15日(日)の札幌芝2000mで鞍上はルメールJを配してる辺りは距離もこなせる上での期待の現れでしょうか。調教ではチークピーシーズを着用した方の走りが良さげで着用のままデビューもとの事。超高額馬という時点でやや半信半疑な私ですが、ドゥラメンテを初めG1ホースが多い血統だけにそろそろ活躍馬が出て欲しいと願うばかりです。初戦がから期待しています。

タイトルとURLをコピーしました