【ホープフルS(G1)】母ビリーヴの仔となるジャンダルムと萩ステークス勝ちのタイムフライヤーは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

いよいよ明日開催される2歳戦のホープフルステークス(G1)ですが、
枠順なども決まりもう予想もだいぶ固まってきましたが、
最後に有力どころの2頭をピックアップしたいと思います。

馬名:〇外ジャンダルム(2歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:池江師
父:キトゥンズジョイ
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
鞍上:武(豊)ジョッキー

デビュー戦を危なげなく勝利し、続く重賞のデイリー杯2歳ステークスを、
最速の上りで勝利し共にマイルで2戦2勝の無敗馬となる同馬。

最大のポイントは距離をこなせるかどうか!?という点でしょうが、
『センスがあり距離はこなせると思う』と半信半疑な回答の陣営だが、
やはり母ビリーヴが父がサンデーサイレンスの血をもってしても、
マイルでは2着、3着ばかりで勝ち鞍がなく、
現役最後の方は高松宮記念を制しスプリンターズステークス2着と
スプリント戦で真価を発揮した牝馬だけに不安は残る。

やってみないとわからないのは百も承知だが、
父がキトゥンズジョイは過去仔にいないがこなせれば先々この路線も見えてくるが、
負ければNHKマイルを目標にするのが最善と思う私です^^;

そして、

馬名:タイムフライヤー(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング氏
管理:国枝師
父:ハーツクライ
母:タイムトラベリング
母父:ブライアンズタイム
鞍上:C・デムーロジョッキー

デビュー戦は後に札幌2歳ステークスを制したロックディスタウンに屈したが、
続く未勝利、OPの萩ステークスと2連勝で勝ち上がり、
前走京都2歳ステークスではグレイルの2着になるもアタマ差と差はなかった。

気になるのは4戦してる点ですが動きは良く調教は問題ないとの事で
体調維持が出来てるなら好走の可能性も十分。
来年のクラシックを見据え中山2000mの適性を見るにはもってこいの1戦ですね。

また、今回の来日で好成績を残してるC・デムーロJですが、
ルメールJやM・デムーロJの様に日本で騎乗したいと思ってるはず。
ここで更にG1勝ちして自身をアピールしたいところでしょう。

2頭共に人気馬ですが、2歳戦は何が起こるかわからない。
どんな結果になるか非常に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする