藤沢和雄調教師が3歳世代頂点となるオークスに続き日本ダービーもルメールジョッキーで制す!

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

先ほど行われた7015頭の頂点となる日本ダービーで、
藤沢師管理の2番人気レイデオロがルメールJの好判断で見事勝利し、
2014年産世代の頂点となりましたね。

開業29年目ですが延べ18頭で日本ダービーの称号を求めてきた藤沢師ですが、
延べ19頭目のレイデオロで初の日本ダービー制覇と本当に良かったですね!

藤沢師と日本ダービーを思い出すと私のイメージでは青葉賞→日本ダービーのローテ。
シンボリクリスエスやゼンノロブロイ、ペルーサ等、
青葉賞を強い勝ち方で勝ち日本ダービーで敗退というのが続いてましたが、
今年は皐月賞ぶっつけから日本ダービーを制す結果となり、
今後は藤沢師のローテは皐月賞経由になるかな?^^;

しかし、競馬はジョッキーの能力もかなり影響するという事を、
まざまざと思い知らされたレ-スでした。
ルメールJの2番手へ押し上げた時はかかってる!?と思ったのですが、
意図的にポジションを上げたのはさすがとしか言えません。

今後の藤沢師=ルメールJのコンビは要注意ですね!
昨年の朝日杯FSのサトノアレスや阪神JFのソウルスターリング、
ホープフルSのレイデオロと勝った時は来年は藤沢調教師が…
と思ってましたが、結果的にその時の勢いは衰えてませんでしたね。

本当に日本ダービー制覇、おめでとうございました。
今後の活躍も期待しております。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする