【POG】紫菊賞に挑んだトゥザフロンティアだが結果クビ差の2着も距離短縮必須!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

本日、京都9Rに行われた紫菊賞ですが超良血馬のトゥザフロンティアが
参戦しましたが6頭立ての2着に終わりましたね。

馬名:トゥザフロンティア(牡)
馬主:キャロットファーム
管理:池江師
父:ロードカナロア
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス

正直、このメンバーでクビ差とはいえ2着に終わるのはクラシック路線は厳しいかな…
やはり血統的にも父ロードカナロアというのが距離の壁を作ってる気がする。
新馬戦ではきっちり最速の上りも使え勝ち切ってますからね。

牝馬であれば桜花賞がマイルで行われるので目標にできるが、
牡馬は2000~3000mがクラシック路線の距離となると、
最大目標は朝日杯FSとNHKマイルに照準を合わせた方が好走しそうな気がするが、
陣営としてはやはりクラシックに拘るでしょうか^^;

こんなところで躓いてるようじゃ先々微妙ですが、
POG指名してるだけに距離短縮で夢を見させてほしいですね。

今後のローテが気になります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする