日本軽種牡馬協会がウォーフロント産駒のザファクターを1年間のみ導入へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

米G1で2勝をしたウォーフロント産駒のザファクターを、
日本軽種牡馬協会が期間限定で日本に導入する事が決まりましたね。

馬名:ザファクター(9歳・牡馬)
競走成績:13戦6勝
父:ウォーフロント
母:グレイシャスネス
母父:ミスワキ
G1勝利:マリブS、パットオブライエンS

ザファクターですがアメリカのレーンズエンドファームで種牡馬入りし、
産駒は初年度産駒のノーテッドアンドクオーテッドが、
G1のシャンデリアSを勝利してますし、
何といってもサンデーの血がないのは日本で期待できそう。

また、日本での産駒は2016年から現在まで僅か3頭ですが、
中央ではズアーが芝で新馬勝ち、ライバーバードは8戦してダートで1勝、
地方で走るアルファベットも1勝でちょっと楽しみですね。

今や、サンデーサイレンス系やキングカメハメハ系が多くなってしまいましたし、
僅か1年のリースとの事でSS系で良質な牝馬を用意できるはず。
新たな血が入ってくることは非常に良い事で、
日本の競馬界に新たな旋風を巻き起こしてもらえるといいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする