【毎日王冠】近走物足りない日本ダービー馬、マカヒキがデビュー戦以来の1800mで復活なるか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末行われる天皇賞・秋へ向けて大切な一戦となる毎日王冠ですが、
頭数は少ないものの蒼々たるメンバーが揃ってます。
そんな中、1番人気になってもおかしくない実力馬であり、
日本ダービー馬のマカヒキがここで復活の狼煙を上げるか気になる私。

馬名:マカヒキ(4歳・牡)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
G1勝利:日本ダービー(2016年)

昨年の日本ダービー馬がもがき苦しんでる結果が続いてますね。
デビュー3連勝で弥生賞を制し重賞初制覇、
続く皐月賞では大外からディーマジェスティの強襲も、
0.2秒差で上りは最速の2着と強さは魅せました。
そして迎えた日本ダービーで今や国内で大将格となるサトノダイヤモンドを
相手にハナ差抑え込んでのダービー馬の称号を獲りました。
『最強世代の日本ダービー馬』とまで思われてましたが…

その勢いで最高峰の凱旋門賞へ出走となりましたが、
1番人気に推されるもまさかの14着大敗…
ここから歯車が狂った感じか約半年休養後の京都記念でまさかの3着…
続く、前走のG1大阪杯では4着と勝ち馬からそこまで放されてないにしろ
結果を求められる立場が厳しい状況になってます。

また、騎乗していたルメールジョッキーがソウルスターリングへ、
そしてデムーロジョッキーはリアルスティール、
川田ジョッキーがサトノアラジンと過去騎乗してきたジョッキーは悉く他馬へ…
そして新たなコンビが内田ジョッキーとなりましたが、
予想をする上でこの乗り替わりをどう考えるかになりますが、
個人的にマカヒキが今回好走する可能性を考えてみると…
血統的にやはり1600m前後に落ち着くのでは?というイメージ。
近親で活躍したウリウリもそうでしたが1200~1600mが主戦場だっただけに、
秋始動戦となる今回は1800mとデビュー以来の1800m戦で
2400mをこなしたとはいえマイルに近い距離短縮が好転するのでは!?

同世代では2000m以上をこなせても古馬相手と血統背景からは、
マイル前後が合ってる気がしており今回好走も!?
古馬王道も良いが結果次第でマイル路線に矛先を向けるのも…

はい、勝手な妄想ですが何れにせよどんな結果となるか楽しみですね。
今週末の結果が気になります!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする