世界ランク1位のアロゲートが連覇を狙うべくBCクラシック参戦後に引退へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨年のドバイワールドCで圧巻の強さを魅せた世界ランク1位のアロゲートですが、
次走はBCクラシックに向かい引退という事が決まった様ですね。

馬名:アロゲート(4歳・牡馬)
馬主:ジャドモントファームズ
感rに:バファー師
父:アンブライドルズソング
母:Bubbler
母父:ディストーテッドヒューマー
G1勝利:トラヴァーズS、BCクラシック(2016年)
ペガサスワールドC、ドバイワールドC(2017年)

強烈な脚を魅せたドバイワールドC後はサンディエゴH(G2)で4着、
続くパシフィッククラシックS(G1)で2着と走るのが嫌になったのか!?と、
らしくない結果が続いてますが、
次走は連覇がかかったBCクラシックへ向かいますか。
ただ、レース後は引退で種牡馬入りも決まってます。
こうなれば出来る事なら圧倒的な強さを魅せ付けて欲しいのも本音。

個人的にはもう1年くらい走らせるかな?と思ってましたし、
凱旋門賞馬となったエネイブルとの対決も見たかったが、
こればかりは海外という事を考えたら致し方ないラストランになりますね。

しかし、10戦7勝でG1僅か4勝から獲得賞金が現時点で19億円ですか(@_@)
ペガサスワールドCが1着賞金約8億円ですからね…
それに加え、ドバイやBCクラシックと主要G1勝ちなら19億も頷ける。
また、BCクラシックを勝てば…恐ろしい獲得賞金だwww

BCクラシックではライバルもそれなりの馬が揃いそうなレースだけに、
アロゲートも全力で仕上げてくるはず。
今後の種牡馬入りもありますが最後にもう1つ箔を付けるためにも、
本気の走りを期待したいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする