【POG】エピファネイア産駒で母ビートマッチの2019となるミントの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

キセキに続く活躍馬に育つか!?。父はエピファネイアで母ビートマッチの2019となるミントをご紹介したいと思います。

ミントのプロフィール

馬名:ミント(2歳・牝馬)
馬主:石川達絵氏
管理:友道師
落札額:6,000万円(セレクトセール2020)
父:エピファネイア
母:ビートマッチ
母父:ルーラーシップ
デビュー予定日:2021年8日14日(土) 新潟 芝1400m(牝限)
鞍上予定:福永ジョッキー

2着に4馬身差を付け新馬勝ち

父はエピファネイアとなり先週の2019世代では、新馬戦ではフォラブリューテが2着に4馬身差を付けるインパクト大の勝利し、スズノマーベリックが3着と好走しました。そして未勝利戦では、ヒシアラカンが7着でしたが、産駒としては1勝を積み上げました。いや、フォラブリューテが7番手からのレースでしたが、直線では最速の上がりであっさり他馬を差し切りかなり楽しみな逸材が出てきたのではないでしょうか?先々も注目ですね!

母は屈腱炎で奇しくも4戦2勝で引退…

母はビートマッチとなり、ルーラーシップ産駒ですね。現役時は、シュミノーJを背に新馬勝ちから続く山吹賞(500万下)で馬体重+10キロが響いたか9着。巻き返しの3戦目は媒体を絞って3着、そして4戦目の種市特別(500万下)で2勝目挙げさぁこれから!という時によもやの屈腱炎を発症し長期離脱を余儀なくされ、通算4戦2勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、この2019が初仔となりますね。因みに2020にはハービンジャーを配合されており、個人的には共に配合相手としては面白そうと思ってただけに2020までも気になってる私です。

友道師×エピファネイア産駒

その初仔となるミントには、エピファネイアを配合され今週末デビュー予定となっております。馬主はキセキを所有する石川達絵氏がセレクトセール2020にて6,000万円で落札されました。また預託先が友道師と初預託ながら期待度大という感じでしょうか?。また、その友道師はエピファネイア産駒は2019世代で初管理となり、サトノヘリオスも含め僅か2頭のみ。その1頭だけに気になるところですが、デビュー戦が福永Jを確保する辺りはさすがですが…新潟芝1400m!?ともう少し距離があった方が良いと勝手に思ってるが…あの友道師ですからね、信じるしかない。また調教も思ったより…という感じで、デビューまでに無理のない範囲で態勢が整う事を期待したい。デビュー戦が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました