【POG】ノーネイネヴァー産駒で母Muravkaの2016となるユニコーンライオンの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

父がスキャットダディ産駒の後継種牡馬とも言われ、
2歳のG1モルニ賞(芝1200m)を制したノーネイネヴァーとなり、
母Muravkaの2016からユニコーンライオンを紹介したいと思います。

馬名:ユニコーンライオン(2歳・牡馬)
馬主:ライオンレースホース
管理:矢作師
募集額:2億円
父:ノーネイネヴァー
母:Muravka
母父:ハイシャパラル

管理をする矢作師のコメントにもありますが、
セリであのクールモアグループと一騎打ちとなりながらも
落札した同馬という点でこれは未知の魅力を感じますwww

また、『父のスピードと母系の底力がうまくミックスされた
ミスターサラブレッド』とまで言わしめてますので
期待度は高く、血統も魅力的なのは十分理解しました。
まぁ、走る前は色んな事が言えますからね。
鵜呑みにはできず自身での見極めが肝心ですよね^^;

それと、驚愕は…見間違えたかとも思いましたが募集額2億円!?
50万円の400口の様ですがそれだけ陣営は自信があるという事?
個人的にですが、血統から日本の馬場適性は走ってみないと何ともとしても、
兄弟から活躍馬が出るも早熟なイメージがあり
仮にこのユニコーンライオンが活躍した際には時期的にどこまで持続して!?
という方が気になります。更に大型馬で距離的に1400m位、
いけても1600mまで!?な気もして…番組も含め、
早めにデビューさせた方が好結果を出してきそうも、
現時点ではデビュー時期が秋口?という事。となると、
早熟傾向の可能性が高そうな血統だけに厳しくなりそうだな…

それでも、スキャットダディ産駒のミスターメロディーがマイルまでで
芝・ダ兼用で活躍して結果も出してます。
その父を持つノーネイネヴァーの子となるユニコーンライオンも
必然的に期待度は高くなります。

さてさて、この魅力的な血統が活躍するのか本当に気になる。
デビュー戦が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする