【POG】ドゥラメンテ産駒で母アドマイヤテレサの2019となるセントカメリアの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

石橋(脩)Jが怪我で…鞍上は誰に!?。父はドゥラメンテで母アドマイヤテレサの2019となるセントカメリアをご紹介したいと思います。

セントカメリアのプロフィール

馬名:セントカメリア(2歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:高野師
生産:ノーザンファーム
募集額:3,000万円
父:ドゥラメンテ
母:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ
デビュー予定日:2021年10日3日(土) 中京 芝1600m
鞍上予定:未定

先週は未勝利戦で2勝

父はドゥラメンテとなり、先週の新馬戦ではフォーユーランランの12着1頭のみ。そして未勝利戦では6頭出走しサウンドビバーチェとイルチルコが勝ちダノンフューチャーが2着、ミアステラが3着等など産駒として計2勝を上積みしましたね。因みに2019世代で新馬勝ちは4頭おり、ジャスティンヴェルが次走ききょうSの様ですが個人的には…札幌2歳S(G3)で除外になったダークエクリプスとダートで勝ち上がったアスクドゥラメンテの方が気になる。初年度産駒に続きこの世代でも未だ重賞勝ち馬が現時点で出てない状況ですが、亡き父の為にも大きな勲章を期待したい産駒達です。

母から海外G1馬の仔も…

母はアドマイヤテレサでエリシオ産駒ですね。現役時は新馬勝ちからデビュー2戦目でいきなり阪神JF(G1)に挑戦も、10着となり勝ち馬ピースオブワールドに1.0秒差。その後は勝ち星を上積みするも、主な活躍ができず通算19戦5勝で引退から繁殖へと上がりました。ただその繁殖生活では、2番仔のアドマイヤラクティ(父ハーツクライ/牡馬)がダイヤモンドS(G3)を制し、オーストラリアのコーフィールドカップ勝ちでG1馬の仲間入り。奇しくもメルボルンC(G1)で1番人気に推されながらレース中に心臓麻痺で…無念です。その他にはアドマイヤジャスタ(父ジャスタウェイ/牡馬)が函館記念(G3)を制し重賞勝ち馬を出しておりますので、2019も続けばいいですね。

気になる鞍上は!?

そんな中、ドゥラメンテを配合されたセントカメリアが今週末デビューを予定しております。そのデビュー戦は3日(日)の中京芝1600mで鞍上は早々と決まっていた石橋(脩)Jの予定も、怪我により先週に続き今週も乗り替わり。現状は未定な状況ですが、大半の主力ジョッキーがスプリンターズS(G1)で中山に行ってるだけに良いジョッキーをここで確保できるといいのですが…。因みに預託先は高野師となっていますが、以前より“気性が気になる”と陣営のコメントを思い出しましたが、その後は調教を重ね順調にきてる模様。さてさて、この母から3頭目の重賞勝ち馬が出るか、そしてデビュー戦でどんな走りを魅せてくれるか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました