【POG】ロードカナロア産駒で母ミッキークイーンの2019となるミッキーキングの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この血統でデビュー戦がダート…さて、どう出る!?。父はロードカナロアで母ミッキークイーンの2019となるミッキーキングをご紹介したいと思います。

ミッキーキングのプロフィール

馬名:ミッキーキング(3歳・牡馬)
馬主:野田みづき氏
管理:国枝師
生産:ノーザンファーム
父:ロードカナロア
母:ミッキークイーン
母父:ディープインパクト
デビュー日:2022年2日13日(土) 東京 ダ1600m
鞍上:ルメールジョッキー

先週は未勝利戦ながら3勝

父はロードカナロアで先週の新馬戦では3頭出走し、エターナルタイムが3着にメッセージソングが6着、そしてローズクレスト11着でした。また未勝利戦では13頭出走しましたが、ライラスターとサブライムアンセム、それにクロステックが勝利。そしてヒシハイドラが2着でベストスマイルとリュミエールノワルが掲示板確保の5着等などでOPクラスへの出走はなく産駒としては一気に3勝を積み上げました。中でも勝ち上がったライラスターはあのハープスターの仔ですし、クロステックはあのサプレザの仔。共に次走が楽しみですし、今後も更なる活躍を期待したい私です。

牝馬クラシック2勝の母の初仔

母はあのミッキークイーンでディープインパクト産駒ですね。現役時は、12月デビューから忘れな草賞を制してオークス、及び秋華賞の牝馬クラシックの2冠を達成しました。その後もヴィクトリアマイルで2着にエリザベス女王杯を2年連続3着、宝塚記念3着のG1実績等などから通算17戦5勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、この2019が初仔となり血統的にも非常に興味をそそられます。因みに2020はミッキーロケット(牝馬)を配合されており、2021は再度ロードカナロア(牡馬)に戻り配合されてるので2019の走りが特に興味津々な私です。

よもやのダートデビューだが…

そんな中、ロードカナロアを配合された初仔のミッキーキングが抽選を潜り抜け今週末のデビューが決まりましたね。馬主は“ミッキー”の冠でお馴染み野田みづき氏で預託先は母を管理した池江師と思いきや国枝師、このコンビはミッキーグローリーで重賞2勝を挙げてますが、G1獲りへ期待の預託でしょうか。鞍上はルメールJを確保してる辺りは期待の現れですが…この時期という事でよもやのダートデビューとなった東京13日(土)のダ1600mへ出走。致し方ない事だがこの血統だけに芝での走りをみたいものだが、このレースには先日ご紹介の“フロムワンズハート“が除外となったのは好都合か。ここを勝って芝へという目論見でしょうが、先ずはダートでどんな走りをするか気になる私です。

タイトルとURLをコピーしました