【POG】ダイワメジャー産駒で母キャッチータイトルの2019となるメジャークロニクルの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

さぁ、全姉に近づく活躍ができるか楽しみです。父はダイワメジャーで母キャッチータイトルの2019となるメジャークロニクルをご紹介したいと思います。

メジャークロニクルのプロフィール

馬名:メジャークロニクル(3歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:栗田師
募集額:6,000万円
生産:ノーザンファーム
父:ダイワメジャー
母:キャッチータイトル
母父:オペラハウス
デビュー予定日:2022年2日13日(日) 東京 ダ1600m
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

この世代で2頭の重賞勝ち馬が…

父はダイワメジャーとなり、先週の新馬戦では1頭のみが出走でミスピュアハートが8着でした。そして未勝利戦ではネッスンドルマが2着と惜しい競馬で、レッドベスティアが12着にヤマニンフルリールが14着。そして1勝クラスではセントポーリア賞でビヨンドザタイムが6着に春菜賞でトップキャストが16着。OPクラスではエルフィンSでルピナスリードが4着と掲示板を確保も残念ながら、産駒の勝利はありませんでした。しかし朝日杯FS(G1)で2着にデイリー杯2歳S(G2)と新潟2歳S(G3)勝ちのセリフォス、そして先々週のシンザン記念(G3)勝ちのマテンロウオリオン。距離的に最大目標はNHKマイルC(G1)になりそうだが…産駒2頭の活躍で嬉しい限り。果たしてどんな活躍を魅せてくれるか楽しみな私です。

4番仔は、G1・2勝のメジャーエンブレム

母はキャッチータイトルでオペラハウス産駒。現役時は勝ち上がりは初勝利は4戦目で今は亡き後藤Jを背に快勝。その後4勝を積み上げ重賞に出走も良いところが見せれず通算20戦5勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが代表産駒と言えば、2013の全姉メジャーエンブレム(父ダイワメジャー/牝馬)でしょう。桜花賞は1番人気に推されるも4着だが、阪神JFとNHKマイルCのG1・2勝馬。その後筋肉や蹄等を痛め競争能力喪失で残念ながら引退となりました。また、その他が…全兄で全姉3頭にゴールドアリュールやジャスタウェイ等を配合するも主な活躍馬が出てない状況。因みに2020もダイワメジャー(牝馬)を配合しており、久しぶりの一発を期待したいところ。

気性面でやや…

そんな中、5回目のダイワメジャーを配合されたメジャークロニクルが今週末デビューを予定としております。そのデビュー戦は13日(日)の東京ダ1600mで鞍上は横山(武)Jをスタンバイしてる模様。預託先は、全姉を管理した田村師と思いきや栗田師との事。また、かなりの大型馬で昨年の夏で600キロ弱あった記憶がありますが、どこまで絞れたか?。そして調教では気難しいところを出している様でメンコやシャドウロールを付け追い切っており、レースでその辺が出なければ…と、全姉のメジャーエンブレムとは違い牡馬という面がその点を引き出してるのでしょうか?。抽選という難敵がいますが、血統的で楽しみなですし鞍上からもゲートインできれば初戦から期待したい私です。

タイトルとURLをコピーしました