【POG】ロードカナロア産駒で母メジャーエンブレムの2020となるスワッグチェーンの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

期待も高く、3番仔でそろそろ大物が!?。父はロードカナロアで母はメジャーエンブレムの2020となるスワッグチェーンをご紹介したいと思います。

スワッグチェーンのプロフィール

馬名:スワッグチェーン(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:田村師
募集額:1億円
生産:ノーザンファーム
父:ロードカナロア
母:メジャーエンブレム
母父:ダイワメジャー
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

先週は0勝…

父はロードカナロアとなります。また先週の2019世代では、未勝利戦で勝鞍はなし。そしてミッキーフローガとレーヴディノエルが共に3着で、ミロワールが4着と掲示板に載りました。また、毎日杯(G3)にはホウオウプレミアが出走も、6着と賞金加算ができずという感じで残念ながら産駒として勝ち星を挙げる事ができませんでした。クラシックへは桜花賞にはFレビュー(G2)勝ちのサブライムアンセムが、ダノンスコーピオンは皐月賞に向かわず、川田J騎乗のままアーリントンC(G3)からNHKマイルC(G1)へ向かうとの事。うーん、この世代もやや寂しい感もありますが良い結果に繋がるといいですね。

母はマイルG1・2勝馬

母はメジャーエンブレムでダイワメジャー産駒ですね。現役時はデビュー2連勝からアルテミスS(G3)で2着から挑んだ4戦目の阪神JF(G1)勝ち。その後は桜花賞で1番人気に推されるも4着に敗れたが、その後牡馬混合のNHKマイルC(G1)を制しG1・2勝目を挙げたが…筋肉に蹄などを痛めるも復帰とまではいかず競走能力喪失から引退し、奇しくも繁殖へと上がりました。この世代はジェラー(桜花賞馬)やシンハライト(オークス)と早々に引退した馬が多かった印象。そして繁殖生活ですが、初仔のプレミアムエンブレム(父ルーラーシップ)や2019のホーリーエンブレム(父ロードカナロア)共に牝馬で、現時点で主な活躍はなし。ただ、2021もロードカナロアを配合されており、この3番仔の2020は初の牡馬という点で楽しみもあります。

6月東京開催デビュー!?

そのロードカナロアを配合されたスワッグチェーンが、2020世代としてかなり注目の1頭としてデビューを予定としております。預託先は母を管理し、初仔に2番仔と管理をしている田村師はそろそろ結果を出したいところ。また、既に入厩済みでゲート試験も合格との事で6月の早い段階でデビューを向かえれそうです。ただ血統的に1600~2000m辺りが守備範囲な気がして、個人的に怪我なく順当ながら朝日杯FSF→皐月賞→NHKマイルCという感じでしょうか。子供っぽさはありそうですが、関係者にはかなり期待されてる様ですね。母は怪我で引退しただけに脚元に気をつけて調整され、無事デビューして欲しいと願うばかりです。

タイトルとURLをコピーしました