【POG】モーリス産駒で母チェッキーノの2020となるノッキングポイントの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母はオークス(G1)2着、そして初仔だがボリュームのある馬体との事。父はモーリスで母チェッキーノの2020となるノッキングポイントをご紹介したいと思います。

ノッキングポイントのプロフィール

馬名:ノッキングポイント(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:木村(哲)師
募集額:4,000万円
生産:ノーザンファーム
父:モーリス
母:チェッキーノ
母父:キングカメハメハ
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

父はモーリスとなり、先週2019世代の未勝利戦ではスウィートプロミスが1着になりました。また、ココシルフィードにハギノモーリス、更にララヴォルシエルの3頭が2着。そしてヒラボクロマネにモーゲンが共に3着で掲示板内に好走。また、毎日杯(G3)では9番人気を覆すベジャールが2着と好走しましたが産駒として1勝を積み上げる事ができました。ただ、弥生賞ディープインパクト記念(G2)でラーグルフが11着に、スプリングS(G2)ではアルナシームが7着にソリタリオが10着とここへきて有力と思ってた馬がTRで撃沈と現状は厳しい感じですね…

屈腱炎で引退も、母はオークス2着馬

母はチェッキーノでキングカメハメハ産駒ですね。現役時は新馬戦2着から、未勝利→アネモネS(OP)を勝ったがレース後の疲れが取れず桜花賞(G1)は回避を決断。続くフローラS(G2)を勝ち3連勝で大舞台のオークス(G1)へ、結果はあのシンハライトにタイム差なしのハナ差2着とG1馬へ後一歩の活躍をしました。その後屈腱炎を発症し、2年振りの復帰戦となった米子S(OP)で+38キロは今でも覚えているが7着。そして引退レースとなった関屋記念(G3)7着後に屈腱炎再発で通算7戦3勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ではこの2020産が初仔となります。因みに2021(牝馬)はハービンジャーを配合されています。

馬体にボリュームがある初仔

そんな中、モーリスを配合された初仔のノッキングポイントがこの2020世代でデビューを予定としております。預託先は母を管理し定年となった藤沢師から、木村(哲)師となっております。調整も順調で、早生まれで坂路の動きも良く脚元も丈夫そう。初仔という点がかなり気がかりな私だが、馬体のボリュームがあるというコメントも出ており血統的に距離もマイルから中距離まで幅広くこなせそう。天栄の木實谷氏も絶賛の様ですし、この母でモーリス産駒から大活躍の馬が出てくる可能性も十分でクラシックディスタンスに乗れるといいですね。関係者のコメントからもやはり大注目となる1頭ですね。

タイトルとURLをコピーしました