【POG】ハーツクライ産駒で母コンドコマンドの2020となるエルダーサインの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

かなり高評価だった半兄コマンドラインが…クラシックに乗れてない状況ですね。父は替わりハーツクライで母コンドコマンドの2020となるエルダーサインをご紹介したいと思います。

エルダーサインのプロフィール

馬名:エルダーサイン(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:国枝師
募集額:6,000万円
生産:ノーザンファーム
父:ハーツクライ
母:コンドコマンド
母父:ティズワンダフル
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

2019世代は牡馬が…

父はハーツクライとなり、先週2019世代の未勝利戦ではモンドキャンノを近親に持つラリベラが1着となり、掲示板へはタカラマドンナの4着でその他は着外となっています。また、個人的には確勝かな?と思っていた、3歳1勝クラスに出走のレッドベルアームが1番人気に推されるも“折り合いを欠き”10着となり産駒としては計1勝を積み上げました。また今週末の桜花賞へは産駒の出走がない。その牝馬はやや微妙だが牡馬に関してはドウデュースを始め、この世代はダンベルーガやマテンロウオリオン等など牡馬には有力馬が多くクラシック制覇へ向けどんな結果になるのか楽しみな私です。

半兄は、東スポ2歳S勝ち馬

母はコンドコマンドで米国産のティズワンダフル産駒。昨年もご紹介させて頂いたが現役時はスピナウェイのG1勝ちでG2・2勝馬。通算8戦5勝で引退し繁殖へ上がり、吉田勝己氏の購入にて日本へ輸入という流れ。その繁殖生活が、何より2019のコマンドライン(父ディープインパクト/牡馬)が超高評価の中デビューを迎え、デビュー2連勝でサウジアラビアRC(G3)勝ちと重賞勝利はしたものの、その後ホープフルSで1番人気も12着、そして毎日杯(G3)でよもやの8着でクラシックへは厳しい状況。POGでもかなり人気でまだクラシック戦線は終わってないものの誰もがG1を期待しているだろうが…POGは難しいと改めて実感。

ハーツクライ、そして牝馬でどう出る!?

そんな中、ハーツクライを配合された4番仔のエルダーサインがこの2020世代でデビューを予定としております。預託先は半兄コマンドラインを管理した国枝師となり、関係者の期待度が再度高いのは伝わります。また牡馬から“”牝馬”に変わり、父も成長力もあるハーツクライへ。そして3月末にはゲート試験も合格しており正に順調そのもの。個人的に血統的に楽しみの方が勝つが…こればかりはデビューしてみないとわからない。ただ、早々にデビューで軌道に乗れればハーツの血の成長力でクラシックも!?。デビューまでもう少しだが、血統、預託先等などからも期待してしまいたくなる1頭です。

タイトルとURLをコピーしました