【POG】モーリス産駒で母ケイティーズハートの2020となるペリファーニアの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

皐月賞や天皇賞・秋に有馬記念とG1・3勝の半兄エフフォーリアに続けるか!?。父はモーリスで母ケイティーズハートの2020となるペリファーニアをご紹介したいと思います。

ペリファアーニアのプロフィール

馬名:ペリファーニア(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:鹿戸師
募集額:5,600万円
生産:ノーザンファーム
父:モーリス
母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

今週末はソリタリオが…

父はモーリスとなり、先週の未勝利線ではロムレーンとレーヌデゼトワール、ベルウッドツクバがが何れも2着、ベルカノアが3着でした。またスイートピーS(L)にはシークルーズが2番人気に推されるも8着と見せ場なし。残念ながら産駒としては勝ち星を挙げる事ができませんでした。ただ、この2019世代で今週末のNHKマイルC(G1)にソリタリオが唯一の産駒参戦馬。メンバー的にも大混戦模様に思えるだけにチャンスありな印象。距離短縮を味方に産駒として好結果を期待したいところですね。

皐月賞等、G1・3勝のエフフォーリアが…

母はケイティーズハートでハーツクライ産駒ですね。現役時はダートを主戦場としており、デビュー5戦目に初勝利。ただその後も勝ち星は挙げたものの主な活躍ができないまま、通算15戦3勝で引退し繁殖と上がっております。その繁殖生活ですが、代表産駒と言えば冒頭にもお伝えした2018のエフフォーリアでしょう。皐月賞を勝ち日本ダービーは奇しくもシャフリヤールにハナ差2着、その後3歳ながら天皇賞・秋でコントレイルやグランアレグリアに勝ち、暮れの有馬記念ではクロノジェネシスやディープボンドを押さえG1・3勝馬。今年初戦の大阪杯(G1)でよもやの9着となったが…今後も注目の1頭です。また2019のヴァンガーズハート(父ハービンジャー/牡馬)は、能力はありそうだが…デビューから2、3着と崩れてはいないものの単勝1.1倍で飛んだのは…現在2戦0勝中ですね。

脚部の腫れで…

そんな中、モーリスを配合されたペリファーニアが初の牝馬で2020世代としてデビュー予定となっております。そして預託先はハンナにヴァンガーズハートに半兄エフフォーリアを管理の鹿戸師との事だが、種牡馬はモーリスに替わる。個人的には距離が短くなる印象だが、牝馬で5,600万円は中々ですね。ただ、調教も順調そうで早めにデビューか!?と思ってましたが、よもやの“脚部の腫れ”を発症との事。兄が兄だけに期待度がかなり高くなってしまいますが、まだまだ期間もあります。成長を促す意味でもしっかり治してデビューを迎えて欲しいですね。デビュー戦を楽しみにしている私です。

タイトルとURLをコピーしました