【POG】ドゥラメンテ産駒で母マルケッサの2020となるドゥラエレーデの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

牝馬2冠達成の種牡馬だが…悔やまれる。父はドゥラメンテで母マルケッサの2020となるドゥラエレーデをご紹介したいと思います。

ドゥラエレーデのプロフィール

馬名:ドゥラエレーデ(2歳・牡馬)
馬主:スリーエイチレーシング
管理:池添師
落札額:1億円(セレクトセール2020)
生産:ノーザンファーム
父:ドゥラメンテ
母:マルケッサ
母父:オルフェーヴル
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

スターズオンアースが2冠馬へ!

父はドゥラメンテとなり、先週の未勝利戦では13頭が出走しエイミーバローズとトップオブジュラスが共に勝利。またインペリアルラインが2着にタイセイエールが3着は掲示板を確保した以外は着外へ。その他、3歳1勝クラスではイグザルトが1着にベストフィーリングが3着、ホウオウパレード5着とセプテンベルが10着になりました。更に牝馬クラシック第二2弾となったオークス(G1)では、スターズオンアースが桜花賞に続き牝馬2冠を達成しました。その他、ベルクレスタが10着にホウオウバニラは17着と見せ場なしですが、産駒としては計4勝を積み上げる事ができました。特にスターズオンアースは川田JからルメールJへ乗り替わったものの2着以下を1馬身1/4差を付ける強い内容。数少ないドゥラメンテの産駒に3冠の夢を期待したくなる私です。

祖母からG1・2勝のサトノダイヤモンドが…

母はマルケッサでオルフェーヴル産駒で、祖母のマルペンサから半兄となる菊花賞と有馬記念のG1・2勝をしたサトノダイヤモンド(父ディープインパクト/牡馬)を出ております。それだけ期待度の高さを感じてるマルケッサですが、現役時は芝・ダート共に走り全5戦で0勝で最後は怪我もあり残念ながら勝ち星に恵まれず引退から繁殖牝馬へ上がりました。そしてこの2020産が、初仔となります。因みに2番仔の2021は牝馬でロードカナロアを配合されており無事産まれております。

母父オルフェーヴルの血が爆発力を!?

そんな中、タイトルホルダーやスターズオンアースとG1を勝ちだしているドゥラメンテを配合されたドゥラエレーデが2020世代としてデビュー予定となっております。馬主はスリーエイチレーシングで、預託先はユニコーンS(G3)で2着にデュードヴァンを導いてるコンビとなる池添師との事。馬体重は500キロ強あり馬格も恵まれた印象で、ゲート試験を4月中旬頃に合格済み。血統的に中距離以上が良さげ?で母父オルフェーヴルの血もあり気性面が紙一重な気もするが、逆に良い方向に向くと強烈な爆発力も!?。しっかり調教を積み、怪我なく無事にデビューを迎えて欲しいところ。どんな結果を出してくるか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました