【POG】ハービンジャー産駒で母メジロオードリーの2020となるブレイクボーイの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

メジロの血には毎年活躍馬が出るのを願っている私です。父はハービンジャーで母メジロオードリーの2020となるブレイクボーイをご紹介したいと思います。

ブレイクボーイのプロフィール

馬名:ブレイクボーイ(2歳・牡馬)
馬主:藤田晋氏
管理:四位師
落札額:5,600万円(セレクトセール 2020)
生産:レイクヴィラファーム
父:ハービンジャー
母:メジロオードリー
母父:スペシャルウィーク
デビュー予定日:2022年7月31日(日) 札幌 芝2000m
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

産駒3頭出走で馬券圏内率100%だが…

父はハービンジャーとなり先週の新馬戦には2頭出走で、シンキングサベージが2着にジェモロジーが3着と共に馬券圏内に食い込むも勝利とはならず。また未勝利戦にはオースピスが出走しコチラも3着。計3頭出走で全て馬券圏内も産駒としては勝ち星を挙げる事ができませんでした。ただ新馬2頭は着差が0.1秒差以内という事で、次走チャンスあり!?といった感じ。この世代は新馬勝ち3頭が魅力あるレース内容だけに、その他の産駒も期待したくなります。

5番仔にして重賞勝ち馬が誕生

母はメジロオードリーでスペシャルウィーク産駒ですね。現役時は、新馬勝ちからフェアリーS(G3)で4着となり、その後勝ちきれないレースが続き主な活躍ができないまま通算14戦2勝で引退し、繁殖へと上がりました。メジロの血を引き継ぐ期待の繁殖生活でしたが、残念ながら2021産(ドレフォン)を産んで亡くなってしまいました。また、初仔は未勝利で2015~2017まで未出走と体質等の部分が弱めな産駒の中、5番仔の2018となるホウオウイクセル(父ルーラーシップ/牝馬)がフラワーC(G3)を制しフェアリーS(G3)2着となり、桜花賞9着に秋華賞16着と、負けはしたものの出走できた事も嬉しい限り。

四位調教師×武(豊)ジョッキーのダービーコンビ

そんな中、ハービンジャーを配合したブレイクボーイが今週末デビュー予定ですね。馬主はセレクトセールにて5,600万円で落札された藤田晋氏。預託先は初預託で初コンビとなる四位師との事。そしてデビュー戦が31日(日)の札幌芝2000mで鞍上は武(豊)ジョッキーとの事。ルーラーシップのホウオウイクセルが1800mまでに対し、父がハービンジャーに替わり初戦が2000mというのは長めの距離が合うのかな?。また、ゲート試験は6月初旬に合格しその後調教も素直で3勝クラス相手に馬なりで先着等本番へ向け順調に調教を重ねてます。名牝の血が好結果の方でも繋がる事を願いつつ、個人的には初戦から注目です。

タイトルとURLをコピーしました