【POG】ロードカナロア産駒で母ショウナンパンドラの2020となるウォーターハウスの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

3年連続同種牡馬配合で、3度目の正直となるか!?。父はロードカナロアで母ショウナンパンドラの2020となるウォーターハウスをご紹介したいと思います。

ウォーターハウスのプロフィール

馬名:ウォーターハウス(2歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:高野師
募集額:1億円
生産:社台コーポレーション白老ファーム
父:ロードカナロア
母:ショウナンパンドラ
母父:ディープインパクト
デビュー予定日:2022年12月4日(日) 阪神 芝1800m
鞍上予定:西村ジョッキー

先週未勝利も、G1へ参戦の牡馬・牝馬が…

父はロードカナロアで、先週の新馬戦には3頭が出走。プロパルジョンが12着にレディマーシャル15着、そしてマンオブグリットが18着でした。また未勝利戦には4頭出走もフィッシュポンドが2着にクレセントウイングが4着、カイザーブリッツが5着とノイアータークが7着。更にベゴニア賞(1勝クラス)には2頭出走し、レッドロスタムが4着にエマヌエーレが6着。更に京都2歳S(G3)には良血シュタールヴィントが出走も4着までで、残念ながら産駒として勝ち星を挙げる事ができませんでした。2022産の牡馬ではデイリー杯2歳S(G2)で2着のダノンタッチダウン、京王杯2歳S(G2)で3着のスピードオブライトは共に次走朝日杯FS(G1)予定。また牝馬では、もみじS(OP)を勝ちで2戦2勝のウンブライルは次週の阪神JF(G1)で横山(武)Jを背に参戦予定との事で、現この馬達がどんな結果を出すか気になりますね。

秋華賞、ジャパンカップ勝ちの母

母はショウナンパンドラでディープインパクト産駒ですね。現役時は、デビューは12月で勝ち上がりは2戦目。その後勝ちきれず賞金加算ができないまま、紫苑S(OP)で2着に入り続く秋華賞(G1)でG1馬の仲間入り。その後ジャパンC(G1)も勝ち通算18戦5勝で引退から、期待の繁殖入り。その繁殖生活は、初仔のショウナンハイネス(父ロードカナロア/牝馬)が地方で1勝。2番仔のパンドレア(父ロードカナロア/牝馬)が新場勝ちも、その後6戦で最高着順4着と厳しい状況です。因みに2021はレイデオロを配合された牝馬が誕生しております。

3年連続同配合で、3番仔にして待望の“牡馬”

そんな中、3年連続となるロードカナロアを配合されたウォーターハウスが今週末デビュー予定となっております。そのデビュー戦は4日(日)の阪神芝1800mで、ジャスティフファイ産駒で矢作師管理のヴァンビスタ等が出走予定の番組。預託先は高野師との事で、鞍上は西村ジョッキーを予定ですが、中京でチャンピオンズC(G1)に中山でもラピスラズリS(L)が開催の中で、このジョッキーは前向きに捉えてる私。調教の方も徐々に良くなってる感じで、この血統に3番仔で初の牡馬。募集額も1億円の大台と中々の金額ですし、全姉の分も頑張って活躍してもらいたいところ。母を超えるべく好レースを期待しつつ、当日どんなレースを魅せてくれるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました