【POG】ディープインパクト産駒で母フォルトの2020となるメズマライジングの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

僅か6頭の最終世代も、デビュー済み2頭は新馬勝ちと期待は当然高い1頭。父はディープインパクトで母フォルトの2020となるメズマライジングをご紹介したいと思います。

メズマライジングのプロフィール

馬名:メズマライジング(2歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:藤原師
募集額:6,000万円
生産:社台ファーム
父:ディープインパクト
母:フォルト
母父:ブレイム
デビュー予定日:2022年12月4日(日) 中京 芝2000m
鞍上予定:福永ジョッキー

極少最終世代も2頭が共にデビュー勝ち

父はディープインパクトとなり、先週の新馬戦及び未勝利戦に出走馬はありませんでした。ただ、国内では僅か6頭中、オープンファイアとライトクオンタムがデビュー済み。共に新馬勝ちはさすがと思わせる種牡馬能力で、オープンファイアの方は続くアイビーS(L)で最後方から最速の上がりで3着に敗れたもものまだ見限れない状況。この極小頭数でもやはり注目度は高く、存在感を感じさせるあたりはスーパーな種牡馬だったと改めて感じるこの2020産。この頭数でクラシックを狙う逸材が出てくるのかも含め今後どんな結果を出すのか非常に興味津々をそそられてる私です。

母はダートG1勝ちで、芝・ダ兼用馬

母はフォルトとなり、米国産のブレイム産駒ですね。現役時はサンタマルガリータSのダートG1の勝ち馬ながら、芝のG2ブエナヴィスタSも勝利。更にダートのアドレイションSと、芝のパラカップSのG3を2勝しており、芝・ダと兼用の魅力もあり。通算16戦6勝で引退し、繁殖入りとなりましたが、その繁殖生活はこの2020産が初仔になりますでしょうか。因みに2021と2022は共にキズナを配合された牡馬が誕生しています。

父と同じ12月デビューで…

そんな中、国内僅か6頭から貴重な1頭でディープインパクトを配合されたメズマライジングですが、父も同じ12月のデビューとなり今週末が出走予定となっております。そのデビュー戦が、4日(日)の中京2000mで鞍上は福永ジョッキーを予定されています。また預託先は、現役でディープインパクト産駒のシャフリヤール(父ディープインパクト)等を管理する藤原師と頼もしい限り。ゲート試験は10月上旬に合格、じっくり調教され動きも素晴らしいと鞍上福永ジョッキーも好感触。父も同じ12月にデビューし、破竹の無傷7連勝で3冠馬となっただけにとても楽しみ。どんな結果となるか非常に興味をそそられる注目の一戦ですね。

タイトルとURLをコピーしました